NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2020 Bridge for Peace All rights reserved.

学徒出陣をテーマとしたワークショップを開催しました!
先週の日曜日、学徒出陣テーマとしたワークショップを開催しました。

慶應大学と立命館大学から出陣した経験をもつお二人の証言をもとに学び、オンラインではあれどグループに分かれてディスカッションしました。

映像に出てくる方々の当時年齢に近い大学生らが4名参加してくれ、かつ夏休み中に小学生プログラムに参加した小学1年生の2名も参加してくれました。



事務所のある愛知県のカフェに来てくれた会員さんもいて、オンラインとバーチャル融合した形での実施となりました。

10月も第二日曜日に予定しています。
お誘い合わせの上、ぜひご参加ください!
| イベントのお知らせ&レポート | 12:39 | comments(0) | - | pookmark |
小学生向けプログラムのボランティアより(中井伶奈・大学生)
 今回は、夏休みの期間を利用し、小学生を対象とした「世界・戦争・平和」についてのワークショップ企画に携わらせていただきました。今回のプロジェクトを通して私自身が感じたことは二つあります。

 まず、小学生の子供たちの好奇心と純粋さへの感動です。ワークショップ中、子供たち一人ひとりが「わからない。」とか「何それ?」とか疑問を素直に投げかけてくれつつも、しっかりと自分の頭で考えて答えてくれたり、ご家族の方と話し合ったりして自分なりの平和、戦争に関しての意見を持ち寄ってくれました。私自身もまだまだ学びの途中ですが、小学生など年齢が低いうちから戦争や世界について学ぶ意欲や興味を持ってくれている子どもたちの存在を目の当たりにし、将来への明るい希望を感じました。

 二点目に、私自身も戦争教育と平和について改めて考えることが出来たことへの感謝です。私は、戦争は絶対にしてはいけないとか、平和な社会に貢献したいだとか、日常的に漠然と考えることはあったのですが、今回のワークショップを通して、更に「そう思うのはなぜ?」とか、「どうやって実現するの」とか「じゃあ自分には何ができるのか」等々、改めて深く考える機会となりました。

*写真は終了後に、参加してくれた子どもたちに送ったお葉書


 フィリピン留学を通し、フィリピンと日本の戦時中の歴史を知ったことがBFPへ参加させていただくきっかけだったのですが、これからもその学びを更に広げて戦争や平和に対する確固たる意見や考えを持てるようになりたいと、決意することが出来ました。

 私が子供たちに伝える立場になるだけでなく、こうして、一緒に学んで考えるという貴重な経験もさせていただきました。参加してくださった子供たちとご家族の方、そして今回ボランティアとしてこのプロジェクトに受け入れてくださった代表の神さん、そして山地さんに本当に感謝しています。ありがとうございました
| BFP日々の出来事 | 16:52 | comments(0) | - | pookmark |
毎日新聞に活動を掲載して頂きました!
8月15日。
今年はコロナでイベントも開催出来なかったので、Facebookで静かに想いをアップする終戦の日でした。

でも、その投稿を毎日新聞の岐阜支局長・花岡さんが目に留めてくださり、記事にしてくださいました。




例え小さな活動でも、見ていてくださる方がいる。その事は本当に大きな力になります。
| BFP日々の出来事 | 15:04 | comments(0) | - | pookmark |
小学生向けプログラム
戦後75年の夏。

小学生向けワークショップが始まっています。小学生の真剣な眼差しに、伝える側の大人の覚悟が固まってゆきます。来年からは、伝えてゆく担い手となる大学生の育成にもさらに取り組んでゆきたいと考えています。




歴史のバトンを渡してゆくことが、生きている私たち一人ひとりに課せらているとも思います。大学時代、恩師からそのバトンを期せずして受け取ることになった私。

先日久しぶりに電話をかけてきてくださった恩師からは、「とにかく長く続けてくださいね」 との言葉を頂きました。

ふっと力が緩みそうになるとき、支援者の方々からお手紙や時には贈り物が届くことがあります。先日もある方から、激励のお手紙と共に息子の入学祝いまで頂いてしまいました。そのお心遣いに胸打たれ、その方との思い出や、これまでのことが色々と思い出され、涙してしまいました。

本当にたくさんの方々に応援してもらい、支えてもらい、今があります。そして、人生の流れと共に自分が伝えてゆく番に入ってきました。

戦後75年の夏は、私にとって新たな覚悟の年になりそうです。
| イベントのお知らせ&レポート | 18:42 | comments(0) | - | pookmark |
小学生向けワークショップー参加者募集中!


【戦後75年ー  いま、家族で学ぼう「世界・戦争・平和」のこと】

今年は戦後75年。
「戦争のことを子どもに伝えたい」 そう考えておられる親御さんも多いと思います。

しかし、戦後世代がほとんどの世の中となり、限界もあります。そこで、夏休み中に家族で一緒におうちで学びながら、「世界・戦争・平和」のことを考えられるワークショップをご用意しました。オンラインなので、全国から参加できます!

学校の自由研究にも最適です。 書き込んで使えるキットもあります。

親から子、そして未来世代へ、平和へのバトンを手渡しませんか。

----------------------------------------------
日 時:8月10日-16日のいずれか3日間       
     10:30-12:00
    *申込先着順で、日程調整をします
対 象:小学1年から6年生
人 数: グループ 5人
参加費:BFP会員関係者2,000円      
     一般3,500円
    (自由研究ワークシート、おやつ代含む)
----------------------------------------------
| イベントのお知らせ&レポート | 15:16 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE