NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2020 Bridge for Peace All rights reserved.

東京、愛知、京都のオンライン・ミーティング
今日もオンラインでミーティング。 コロナ禍のため、投稿する画像がそんな画像ばかりになってしまうこの頃です。^^;

が!
東京、愛知、京都にそれぞれ住んでいる3人でのミーティングは、コロナがなかったら実現しなかったかもしれません。オンラインの敷居が低くなり、以前関わってくれていたメンバーとの交流もでき、喜ばしいこともあるなぁとしみじみ。
そんな事がとっても嬉しくて撮った一枚です。 女子会のようで、楽しい時間でした。
| BFP日々の出来事 | 11:19 | comments(0) | - | pookmark |
風船爆弾をテーマとしたワークショップを開催しました!
今日は、月一回のワークショップ当日。 テーマは女学生の戦争ということで、具体的には「風船爆弾」について学びました。


単に情報を得るだけではなく、その意味を深く知るという事の意義を感じる時間でした。
「もっともっと、戦争の事を知らなくては」
そう思わされる貴重な時間となりました。
| イベントのお知らせ&レポート | 16:50 | comments(0) | - | pookmark |
冬に向けたプログラムの打ち合わせが始まっています!
少し涼しくなってきましたね!
BFPでは冬に向けたプログラムの打ち合わせが始まっています。

これまで対面でできた打ち合わせも、オンラインが基本となってきました。でも、なかなか良い点もあります。これまでは、主に東京に集まって進めていたものが、オンラインのお陰で東京メンバーのみならず関西の大学生も加わって開催できたことです。

先日は顔合わせ。リアルで会ったことはなくても、お互いの背景にじっくり耳を傾け会って距離を縮め、良いチームワークで進めていきたいと思います。

公表は1ヶ月半位先になると思いますが、お楽しみに〜!
| イベントのお知らせ&レポート | 10:53 | comments(0) | - | pookmark |
学徒出陣をテーマとしたワークショップを開催しました!
先週の日曜日、学徒出陣テーマとしたワークショップを開催しました。

慶應大学と立命館大学から出陣した経験をもつお二人の証言をもとに学び、オンラインではあれどグループに分かれてディスカッションしました。

映像に出てくる方々の当時年齢に近い大学生らが4名参加してくれ、かつ夏休み中に小学生プログラムに参加した小学1年生の2名も参加してくれました。



事務所のある愛知県のカフェに来てくれた会員さんもいて、オンラインとバーチャル融合した形での実施となりました。

10月も第二日曜日に予定しています。
お誘い合わせの上、ぜひご参加ください!
| イベントのお知らせ&レポート | 12:39 | comments(0) | - | pookmark |
小学生向けプログラムのボランティアより(中井伶奈・大学生)
 今回は、夏休みの期間を利用し、小学生を対象とした「世界・戦争・平和」についてのワークショップ企画に携わらせていただきました。今回のプロジェクトを通して私自身が感じたことは二つあります。

 まず、小学生の子供たちの好奇心と純粋さへの感動です。ワークショップ中、子供たち一人ひとりが「わからない。」とか「何それ?」とか疑問を素直に投げかけてくれつつも、しっかりと自分の頭で考えて答えてくれたり、ご家族の方と話し合ったりして自分なりの平和、戦争に関しての意見を持ち寄ってくれました。私自身もまだまだ学びの途中ですが、小学生など年齢が低いうちから戦争や世界について学ぶ意欲や興味を持ってくれている子どもたちの存在を目の当たりにし、将来への明るい希望を感じました。

 二点目に、私自身も戦争教育と平和について改めて考えることが出来たことへの感謝です。私は、戦争は絶対にしてはいけないとか、平和な社会に貢献したいだとか、日常的に漠然と考えることはあったのですが、今回のワークショップを通して、更に「そう思うのはなぜ?」とか、「どうやって実現するの」とか「じゃあ自分には何ができるのか」等々、改めて深く考える機会となりました。

*写真は終了後に、参加してくれた子どもたちに送ったお葉書


 フィリピン留学を通し、フィリピンと日本の戦時中の歴史を知ったことがBFPへ参加させていただくきっかけだったのですが、これからもその学びを更に広げて戦争や平和に対する確固たる意見や考えを持てるようになりたいと、決意することが出来ました。

 私が子供たちに伝える立場になるだけでなく、こうして、一緒に学んで考えるという貴重な経験もさせていただきました。参加してくださった子供たちとご家族の方、そして今回ボランティアとしてこのプロジェクトに受け入れてくださった代表の神さん、そして山地さんに本当に感謝しています。ありがとうございました
| BFP日々の出来事 | 16:52 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE