NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

「平和のふるさと」岡崎めぐりを開催しました!
この度、愛知県岡崎市を会員の皆さまにご案内すべく、「平和のふるさと」岡崎めぐりを開催しました!3名の方々が参加してくださり、たっぷりと岡崎の魅力を感じて頂けたのではないかなと思います。^^


まず、読者の皆様もなぜ「平和のふるさと」なの?
と疑問に感じておられることと思います。

意外と知られていないのですが、愛知県岡崎市は、平和な江戸時代を築いた徳川家康公の生誕地なのです!

他にも大きな理由が二つあります。

1.平和な未来づくりを決意したお寺があります!
桶狭間の戦いで今川軍が敗れ、武将として参戦していた家康は、故郷・岡崎の大樹寺にある祖先の墓の前で自害をしようとしました。その時、住職が「厭離穢土 欣求浄土(おんりえど ごんぐじょうど)」と説き、家康は切腹を思いとどまったのです。この言葉は、戦国の世でけがれた土地を厭って離れ、浄土を求めることを示すものでした。生涯この言葉を家康は旗印としたと言われています。家康が自害をしてしまっていれば、日本はまた別の方向に歩み始めていたかも。日本の歴史が変わった地とも言えるかもしれません。


2.朝鮮通信使を幕府の要人が出迎えたのが、岡崎なのです!
豊富秀吉の朝鮮出兵によって、朝鮮半島と当時の日本の関係は決してよいものではありませんでした。外交を任された徳川家康が取り組んだのは、朝鮮通信使を日本に招くこと。江戸時代を通して全12回も朝鮮半島から数百人単位で日本にお迎えしました。このことがきっかけとなり、再び交流が生まれ、両国の関係は改善されていったと言われています。彼らを幕府の要人がお出迎えしたのが、岡崎です。当時「ご馳走屋敷」と呼ばれる迎賓館があり、手厚くおもてなしをしたそうです。


これらのレクチャー後、八丁味噌蔵巡りや、ぶどう狩りなどをお楽しみいただきました。


皆さん、10年以上BFPを支えてくださった方々ばかり。日頃の感謝をお伝えする機会になればと思ってお迎えしました。皆さん、お忙しい中、わざわざお越し下さり本当にありがとうございました!

| BFP日々の出来事 | 13:10 | comments(0) | - | pookmark |
伊勢市空襲展で平和講演会
今日は、平和講演会の講師として三重県伊勢市に行って来ました。なんと、来年で40回目となる空襲展を毎年欠かさず開催してきたとのこと。

講演会の他に、展示、紙芝居、映画な様々な企画が2日間にわたって実施されていました。


映像を交えてBFPのお話をしたところ、「とても大切な取り組み」と評価して頂くことが出来ました。


主催者も戦後世代ばかり。これから、それが当たり前の時代に入っていきますが、その取り組みにとても希望を感じました。

BFPの拠点がある愛知県岡崎市も7月20日未明に空襲を受け、280名もの方々亡くなっています。

何ができるかを、しっかりと考えていきたいと思いました。主催者の皆様、ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
| BFP日々の出来事 | 17:30 | comments(0) | - | pookmark |
現代版・朝鮮通信使プログラム、無事に終了!
昨年「パクス・トクガワーナって、なに?!」という徳川家康公の功績に学ぶイベントを、愛知県岡崎市で開催しました。その際招待した先生から、
「来年はぜひ学生を連れて来たい!」と提案があり、今年実現しました!

8月7日に来日し、5泊6日の行程を経て昨日無事に帰国しました。

「平和のふるさと・岡崎」を実感して頂くべく、まずはレクチャーと岡崎城、大樹寺訪問。


その後は岡崎をより深く知ってもらう為に特産であるお茶摘み、花火体験。浴衣や華道体験も日本を感じてもらう素晴らしい機会になりました。





その後は2日間のホームステイ!
学生からは不安がる声が多々聞かれましたが、「家族最高!」「ホームステイ体験が一番良かった!」という声があがったほど。やはり、臆せずに交流することが大切だと実感しています。

さらに、学生同士の交流が素晴らしかった!口々に「会う前は正直偏見を持ってたけど、共通点もいっぱいあって印象が変わった!」と喜ぶ声が多々聞かれました。

BFPが目指す国際交流の重要性を再確認することができました。
| BFP日々の出来事 | 17:10 | comments(0) | - | pookmark |
神戸の中学校で授業を担当させて頂きました!
6年前から継続してご依頼くださっている、神戸の学校に今年も呼んで頂きました。毎回、感性の良い学生さん達との時間となり、楽しみな時間です。


今年も中学2年生のクラスを、全4コマ担当させて頂きました。


ビデオメッセージを見てもらった後、ディスカッションです。日頃から様々な国際問題に積極的に取り組んでいる学校ということもあり、意見交換も活発です。




もし今が戦時中だったら、少年兵として赴く生徒さんがいるかもしれない、という年齢の彼ら。少しでも感じ取り、心に残るものがあればと、戦争体験者の方々の思いをお届けしました。

「過去の戦争を知り、未来の形を考えるきっかけ」になれば幸いです。生徒の皆さん、N先生をはじめとする関係者の皆様、本当にありがとうございました。
| BFP日々の出来事 | 14:23 | comments(0) | - | pookmark |
国際会議に出席しました!
韓国・高麗大学で開催された歴史NGOフォーラムにBFPが招待され、代表の神直子と理事の浅川和也が出席しました。


さまざまなプログラムが同時開催されましたが、「対話」のワークショップでBFPの紹介をしたところ、ペアになった韓国人大学教授が涙を浮かべる場面も。


まさに「対話」の重要性を実感しました。

他にも、今後の会議の方向性について議論がなされ、これまでは過去の出来事に関する研究や議論が多かったけれど、未来志向で共通の夢ー「平和」に向かって具体的な歩みを進めていこうと前向きな話がなされました。


これまでも様々な会議にBFPは出席していますが、今後も連携を深めながら、日本でできることをやっていきたいと改めて実感しています。
| BFP日々の出来事 | 12:42 | comments(0) | - | pookmark |
三宅信雄さんの取材報告 (広島で被爆、当時16歳)
2017年6月18日、斉藤由美子さんと、16歳の時に広島市で被爆された三宅信雄さん(88歳)のご自宅を訪問し、取材をさせていただいた。

三宅さんは、爆心から1.8キロメートルの市電の中で被爆した。幸いご家族も全員無事でしたが、広島の高校を卒業するとすぐに東京に引っ越した。「広島から逃げる生活だった。」と三宅さんは語る。原爆という強大な暴力によって、故郷に地獄を見るという経験はどんなものだったのだろう。そして、故郷から逃れたい、忘れてしまいたいという、気持ちはどんなものだったのだろうと想像すると、本当に胸が苦しくなった。




 三宅さんは、原爆投下直後に見た生々しい光景を、身振り手振りを交えながら語ってくださった。
 火の手から逃れるように、うめきながら皆が川を目指した。それは地獄だった。腕を胴にくっつけると痛いから、二の腕を胴から離し、肘から下は前面に出す。それこそ幽霊のように。
 当時のことを話す三宅さんの表情は、厳しく、そして悲しかった。
わたしはこのときの三宅さんの表情と、この光景が頭にこびりついて、取材を終えて2週間経た今も忘れられない。



三宅さんが乗っていた電車
(混んでいて一番後ろに乗っていて飛び降りたので、助かった)

 三宅さんはさらに、被爆体験を敗戦後すぐには語ることができなかったという。GHQによって、原爆について語られることが強く取り締まられたからでもあるが、自分が「被爆者」だと言うことで、差別的な視線を向けられることを恐れたから、ということも理由のひとつであった。自分の体内で何が起こっているのか知りたくても、当時は国民皆保険ではなかったので、医者にも行けなかった。

 わたしは、「同じ日本人でありながら被爆した人々に差別的な目を向ける人を恨む気持ちにはならなかったのか」と聞いた。すると、「彼らを責めるわけにはいかない。彼らにもそういう気持ちになる事情があったのだ。逃げるより仕方がない。」と、静かに答えてくださった。



三宅さんは、現代社会を「監視社会になりつつある」と危惧していた。そして、世論がいまだにそういった社会に対して危機感を持っていない人の方が多いと指摘する。私たち若い世代に対しては、就職や、恋愛などの自分の人生のことだけで頭がいっぱいになってしまうのではなく、もっと広い視野を持って、「自分はどんな社会に生きているのか」「権力にだまされてはいないか」など目先のこと以外のことも考えて欲しい、と仰っていた。

 例えば、共謀罪が可決されるなど、時勢はどんどん怪しくなっている。治安維持法が制定された当初からすぐに「悪法」であって、大勢の人を検挙していたわけではなく、徐々に拡大して「悪法」になったのと同じように、今回の共謀罪も思想的な縛りを拡大していく恐れがある。それはすぐに猛威をふるうのではなく、私たちの世代の子どもや孫の時代に、戦前のような空気を作り出してしまうかもしれない。そんなふうに未来のことも考えることで、戦争のない世界をつくることの小さな一歩になるのかもしれない。

 三宅さんのお話を聞いて、私たちの目先のことばかりではなく、何十年後の未来まで考えていこう、それを続けていこう、そしてそれを同年代と活発に語り合えるような社会にしよう、と強く思った。

 三宅さんのお話は、原爆投下直後の生々しさ、凄惨さには心が震え、その晩はずっとそのことを考えて眠れなかった。しかし、アメリカでは原爆投下に対して肯定的である人が50%以上いる。アメリカと日本では、原爆投下に対する見解はまだまだ隔たりが大きい。しかし、まさにその原爆投下に対する見解、さらには戦争の記憶が重ね合わされ、「立体的に捉えられる」ものになればと、心から願ってやまない。

三宅さん、貴重なお話を語ってくださり、本当にありがとうございました。
(金子聖奈)

★★三宅さんは東京の被爆者団体「東友会」の事務局長をされたこともあり、2015年にはピースボートの「おりづるプロジェクト」で世界の各地を回ってで証言を続けてこられました。
以下のサイトでその様子が見られます。
記録ドキュメンタリー映像 "I Was Her Age"「過去と今の対話」(ピースボート)
https://vimeo.com/137809836



| BFP日々の出来事 | 23:38 | comments(0) | - | pookmark |
5/21(日)沖縄ツアーと取材報告ワークショップ
東京では今年度初めてのワークショップが専修大学の神田キャンパスで
開催されました。
2012 年から個人で沖縄の戦跡を回り、翌年には初めてBFP沖縄ツアーを企画、
更に2015年からは何度も沖縄に通い、沖縄戦体験者の聞き取りを続けている
山地和文さんにお話しいただきました。

まずはBFP恒例のアイスブレーキングで、知っているようで知らない沖縄戦に
ついてのクイズ、その後ビデオで体験者の方々の証言映像を観ました。
またパワーポイントで住民の4人に一人が亡くなった沖縄戦がなぜ起きたのか、
数々のガマやフィールドワークの様子、そして元白梅学徒隊の武村豊さん
との出会いとその証言などについて、耳を傾けました。



●その他、(沖縄独特の)墓の中に家族で隠れたが、米軍から毒ガスを
 投げ込まれて25名中12名が亡くなった子供の頃の体験を語った男性、
●慶良間諸島の座間味島で、家族での集団自決の惨劇の記憶を持つ女性
 など
聴くこと自体が大変深刻で重たい証言の数々、山地さんへの信頼なくして
成り立たなかった取材だと思いました。


【参加者の感想から】
◆沖縄での戦争について、自分はほとんど何も知らなかった・・・という悔しい気持ちが
 一番大きいです。何度も足を運んで地道に証言を集めた山地さんには、感謝の気持ちが
 尽きません。
◆皇民化教育によって、死ななくてもいい命がたくさん失われてしまったのだという
 ことを想像するとやるせない思いになります。
◆戦争は敵と味方という単純な構造でできているのではないと強く思いました。

【今後取り上げてほしい課題】
◆『この世界の片隅に』で広く知られたような戦時下の庶民の生活を若い方々と
 語り伝えることにより、戦争は戦場だけでないとの実感を伝えることも可能ではない
 でしょうか。
 今の学生さんたちの祖父母の世代でも可能でしょう。80代後半、90代の一般庶民、
 特に女性たち。戦争が自分の祖父母の口から語られることの発見があるのでは
 ないでしょうか。


●ご参加いただいたみなさまありがとうございました。
 会場を提供してくださった長谷川さん、お世話になりました。(斉藤由美子)


| BFP日々の出来事 | 17:31 | comments(0) | - | pookmark |
今年もありがとうございました。良いお年をお迎えください。

今年も応援してくださり、誠にありがとうございました。

お陰様で戦争体験者を招いてのワークショップを開催したり、韓国から有識者の方々を招いてイベントを開催したり、盛りだくさんの一年となりました。

 

また、クリック募金のgooddoも定着してきており、なんとこの1年間で寄付総額は160,200円となりました!

クリックするだけで、BFPに寄付が届けられます。まだお試しでない方がいらっしゃいましたら、今後応援して頂けたら嬉しいです。

 

クリックはこちらからお願いします。

 

 

今年も本当にありがとうございました。 良いお年をお迎えください。

| BFP日々の出来事 | 16:52 | comments(0) | - | pookmark |
猪熊さんに背中を押されて〜「うたがたりコンサート」@北区
専修大学でのワークショップに来てくださっている栗田由起子さんから
お手紙をいただきました。

「猪熊さんのお話を聴いて、来月のコンサートで『別れのブルース』を歌うこと
にしました。
戦時中、淡谷のり子さんが慰問先でリクエストされた曲は『別れのブルース』や
『雨のブルース』で、軍歌ではなかったそうです。また淡谷さんが少年兵の前で
歌った時、歌っているときは泣かないことをポリシーにしていたけれども、
泣かずにはいられなかったというエピソードも残っています。

猪熊さんのお話を聞けたことで、少年兵の無念さや辛さを知りました。
最近は、別れのブルースは当時の人の心を伝えるのにふさわしいと思うように
なりました。

小さなことかもしれませんが、私も伝えるきっかけを作りたいと思っています。
このような気持ちになったのも猪熊さんのお話やブリッジ・フォー・ピースの
活動のおかげです。今後も応援し参加していきます。」



栗田由起子さん(左)と友人たち

秋冷の11月18日に小さいけれど、すてきな「うたがたりコンサート」を開き、
猪熊さんと少年兵たちについて語り、歌い、心にしみいる時間になりました。
栗田さん、ありがとうございました。
(斉藤由美子)
| BFP日々の出来事 | 17:47 | comments(0) | - | pookmark |
11/10ワークショップ授業@早稲田大学

ブログでのご報告が遅くなってしまいましたが、11月10日(木)に早稲田大学でワークショップ授業を行いました。

参加したのは、数々のワークショップをこなしてきた斉藤由美子さんと、学生メンバーの頼れる先輩、石黒秀明さん、そして私、金子聖奈です。

 

今回は、従来ずっと使われていたアイスブレイク用の「フィリピンクイズ」のパワーポイントデータに、私が今まで何度かフィリピンにホームステイしたり、BFPとして訪れたりしたりしたときに撮った写真を組み合わせ、フィリピンについての知識をより深く理解してもらえるよう工夫してみました。そのPPTを使うことはもちろん、ワークショップ授業自体わたしには初めてのことで、アイスブレイク担当の私はひやひやでした…。

なんとかアイスブレイクで学生の皆さんの関心を集めることができたかな?というときに、石黒さんにバトンタッチし、石黒さんが授業の中心部分を担当してくださいました。

ビデオを見て、ワークシートに自分が考えたことを書いてもらいながらグループ討議。

皆さんが本当に真剣にビデオを見て、グループ討議を行ってくれて、とても嬉しかったです。

また、由美子さんが途中で慰安婦の話を織り交ぜてくださり、慰安婦問題に関心を示した学生さんも少なくありませんでした。

各グループではレベルの高い活発な意見交換がされていて、私たちもハッと気づかされる意見がたくさん出ていました。

 

・「天皇万歳」と言ってなくなる兵隊がほとんどいなかったというのは意外だった。

・慰安婦の方に取材した映像も見たい。

・聞き手の存在が大切だが、戦後70年以上たって当時と同じ思いを共有することが難しくなっている。

・戦争は過去のことだが、怒りや無念は伝えていかなくてはならない。先に進むために、許しとのバランスも大切だ。

・「聞く人がいない」という言葉に対して、語られない事実があることは聞かない側に責任があることを実感した。そして伝えていく義務があると実感した。

・日本軍の残虐な行為を知らない世代としての私たちにとってワークショップの意義があった。

・日本と米露のような、日本が被害者としてあった面も存在するので、そのような国と被害者として交流を持つことも必要なことではないか?

・最近の戦争を扱ったフィクションは映像がきれいだったり登場人物がかっこよかったり、お話が美化されていたりと、戦争の認識のうえで危険な面があると意識すべきだ。

・ビデオの内容を学校の授業で触れることは少ない。自主的に知ろうとしないと学ぶ機会がないのはおかしい。

・本当にフィリピンでの日本の行動がないことの重大さを感じた。

・(日本兵が)自分のしたことを真正面から思い出して話すのは大切な家族には大切だからこそなおさら不可能だ

・BFPの活動を聞いて、被害者・加害者という枠を超えてお互いの言葉を聞き、感じることが大切なのではないかと思った。

・メディアで伝えられる戦争はあくまで被害者側で、加害者である面があまり出されていないという事実を初めて実感として認識した。

 

たくさんの貴重な意見が出ていて、載せきれません。

今回改めて思ったのは、「伝えること」そして「境界を超えること」。

こうしてワークショップを通して「伝える」活動をするのは初めてでしたが、中には涙をにじませながら聞いてくれた学生さんもいらっしゃって、一生懸命「伝えれ」ば、「伝わる」のだと思いました。その印象の大きさの大小は問題ではなくて、今回の授業で出会った学生さんたちの心に少しでも残っていてくれれば十分だな、と思いました。

 

加害者/被害者という枠(境界)を超えてお互いの言葉を聞く、という意見が出ていましたが、私も本当にそう思います。そして、私は「戦争を知る世代」と「戦争を知らない世代」の境界も越えなければならないと思います。私たちがこうして戦争経験を被害・加害と多角的に知っていきながら、同時に後世に伝えていく義務もある。それには、「戦争を知らない」と居直らず、話を聞くことでその戦争を遠いむかしの出来事だと思わないこと。そういう意味での「境界を超える」ことも大切なのかな、と思います。

 

長くなってしまいましたが、早稲田大学の学生さん、ありがとうございました。

そして私たちブリッジ・フォー・ピースを授業に招いてくださった豊田真穂先生、学生メンバーによる授業ということで至らない点も多々ありましたが、私たちもとても良い経験ができたと思います。本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

| BFP日々の出来事 | 18:57 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE