NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

11/23(金)早稲田大学でのワークショップ報告

学生会員の金子聖奈です。

11月23日(金)に、早稲田大学でワークショップをおこないました!
 

早稲田大学の豊田真穂先生にお招きいただき、3年連続のワークショップとなりました。

1年目(2016年度)のブログはこちら(http://blog.bridgeforpeace.jp/?eid=1489882

 

初めて早稲田でワークショップを行ってから3年がたち、私も様々なところでスピーカーとしてワークショプをする機会が増え、慣れも出てきていました。

その中で感じたことがあります。

この壇上に立って、戦争体験者からお預かりした貴重なメッセージビデオを届ける私たちは、それにかける思いや知識、伝えたいポイントなどを明確に持っていなければならない、ということです。

 

特に一番最初の「気持ち」のところ、これが難しくて、私はなんだかやりこなすことに精一杯でそれを忘れていたような気がします。

 

それを思い出させてくれたのは、新会員で大学1年生の上田汐さんです。

初めてのワークショップにも関わらず、丁寧に、アイスブレイクのクイズをやってくれました!

 

 

アイスブレイクののち、活動の紹介、それから戦争体験者のビデオメッセージの上映。

最後に、グループワークをおこないました。

 

 

 

 

 

 

早稲田大学ではいつも活発でレベルの高い、批評的な意見が多く生まれるので、私も示唆を得たり学んだりすることが毎回たくさんあります。今回も例に漏れず、私たちBFPの姿勢として考えなければならない重要な指摘もいただきました。

  • これからは歴史を踏まえた議論として正解ありきの議論や教育から脱するべき。同調の習慣をやめるべき。
  • 「戦争が勝ち負けなどではない、人が死ぬということ」…国籍、文化、民族を超えた「人間」の普遍性の問題を忘れている。
  • 国の政策と民間活動の温度差を感じた。国家レベルではできないことをNPOがやっているという意味を感じた。
  • フィリピンの人々は、ビデオを見ることで本当に許せているのか。個人的な恨みはあるけれど気持ちを切り替えるために「許す」と言ったのではないか。
  • 戦争体験者がいなくなってしまいそうなこの時期こそ戦争にもう一度向かってしまうかもしれない。
  • ビデオで語ることなく亡くなった人、まだ整理のついていない人、そういった人たちがいることを忘れてはならない。
  • この問題に限らず、加害者としての事実をもっと知らなければならないし、知る機会を自分から得なければならないと思った。知らずに議論するのは上っ面を撫でているようだ。
  • 我々につながりとしての戦争責任はない(自分は何もやっていないという点において)。ないからこそ、距離を取れるからこそ、戦争について考えなくてはならない。
  • 知ること、自分ごととして考えることが大切。
  • 日本兵の中に「完全に自分が悪い」という言葉はなかった。罪が深すぎて受け止められていないのではないか。
  • 加害者のみならず被害者も、物事を敵と味方に分ける二元論的思考をしてしまうことがそもそも悲惨なことが起こる原因なのではないか。
  • 正しい戦争責任のとり方ってなんなんだろう。

 

多く見られたのは、「許す」とはどういうことか、「責任」をどう取ればいいのか、という意見でした。

 

「正しい戦争責任のとり方ってなんなんだろう。」

 

この問いが教室で生まれたこと、そして教室で共有できたことを、嬉しく思っています。

この問いについては答えがないからこそ、私は、ずっと考えなければならない、わからない「何か」、語られなかった「何か」を想像して考え続けなければならないと思います。

そのさきに、私たちにできる自分なりの「責任」が見えてくるのではないかと思います。

 

そういう思いでBFPに入ったのだったな、と初心を思い出すことができたのも、私の中では大きな出来事でした。

早稲田大学のみなさん、そして豊田真穂先生、TAの重松さん、

学生メンバーによる授業ということで至らない点も多々ありましたが、本当にありがとうございました。

 

 

上田さんの感想:

今日は貴重な機会をいただきありがとうございました。初めて学校でのワークショップに参加させていただき、とても緊張してうまく喋れなかったのですが、今回の反省を今後に生かしていきたいと思います。また、ビデオ後のグループワークではみなさん本当に熱心に取り組んでくださり、意見交換の場では逆に学び得るものが本当に多かったです。BFPの会員として発表する側ではありましたが、みなさんと真剣に戦争について考え、共有する時間を過ごせて本当に実りある時間でした。本日は本当にありがとうございました。

 

 

 

 

| イベントのお知らせ&レポート | 16:07 | comments(0) | - | pookmark |
立命館大学でのワークショップ授業
10年ほど前から毎年呼んで頂いている立命館大学より、今年も90分×2コマの授業をご依頼頂きました。

9月から会員として関わってくれている同大学の山田有夏さんも同行し、コメントをしてくれて心強かったです。


それぞれ200名と250名のクラスで、なかなか想いを伝えるには難しい大教室ではありましたが、しっかり聴いてくれている実感が持てる瞬間、瞬間があり励まされました。


自分がそうでそうであったように、人はなかなか一つの体験で変わるものではないように思います。すぐに行動に繋がるものにならなくとも、何か一つでも心に残る言葉やエピソードをお伝えでき、先々で花開くきっかけになればという気持ちで毎回臨んでいます。

受講してくださった皆様、いつも良い機会を与えてくださる藤岡先生、本当にありがとうございました。
| イベントのお知らせ&レポート | 17:29 | comments(0) | - | pookmark |
3日連続での講演会およびワークショップ授業
今週は、今日まで3日連続でBFPの講演およびワークショップ授業がありました。慌ただしかったですが、これまで以上の充実感でした。

それはきっと、親しくさせて頂いていた戦争体験者が一人、また一人と他界され、お預かりした証言の重みが増しているからのように思います。

龍谷大学では、男子学生が一筋の涙を拭う姿に、戦争体験者の想いが届いた瞬間を見ました。

教員の方々向けの学習会では、彼らの奥にいる生徒さん達をイメージしながらお話させて頂きました。私自身も年を重ねるに連れ、事業を通じて知り得た事を伝えてゆく責任のようなものを感じます。

先日講演をご依頼頂いた、ある市の教育委員会の若手担当者からも 「原爆などの被害体験だけではなく、戦争をもっと多角的に伝えてゆく必要性を感じて依頼しました」 と言われました。

歴史を伝える意識が、ここ最近で変容してきているように感じています。

「過去の戦争を知り、未来のかたちを考えるきっかけをつくる」
このミッションを胸に、今後も歩み続けて参ります。
| イベントのお知らせ&レポート | 22:56 | comments(0) | - | pookmark |
教員の方々向けの平和学習会
今日は、愛知県小牧市の若手教員の方々向けの平和学習会。約200名の先生方に、BFPのワークショップ授業を体験して頂きました。


平和教育というと、原爆教育が基本となっていること。でも、それを変えてゆくことの難しさなど本音も聞くことが出来ました。もちろん、原爆を伝え続けてゆくことも大事ですし、BFPでも被爆者をお招きするワークショップもやっています。

「戦争を伝えるのに、色々な手法や情報があって良いのではないか」 「何となく日本に誇りが持てない子ども達がいるのは、歴史教育に何か問題点があるのではないか」

グループワークでは、さまざまな声が聞こえてきました。教育現場に携わる先生方の心に何かが残り、何かが変わってゆくかもしれません。

実際、今回の企画は平和学習を被害の側面にとどめない形で、と考えた学習会担当の先生からのお声掛けで実現しました。時代の変化は、いつも最初は一人の想いから始まってゆくように感じます。
このような機会を与えてくださったF先生、お疲れのところ耳を傾けてくださった先生方、誠にありがとうございました。
| イベントのお知らせ&レポート | 20:21 | comments(0) | - | pookmark |
龍谷大学でワークショップ授業でした!
台風の合間、束の間の晴天でした。 そんな今日は龍谷大学でのワークショップ授業。


上映途中、一筋の涙をぬぐう学生さんの姿がありました。

「戦争体験者の言葉が届くとき」 私たちにとって、かけがえのない瞬間です。

そして、それはきっと証言してくださった方々にとってもそうだと信じて、伝え続けています!



貴重な機会をくださる学校関係者の皆様、ありがとうございます。聴いてくださった学生の皆さんも、ありがとうございました!
| イベントのお知らせ&レポート | 18:00 | comments(0) | - | pookmark |
愛知県岡崎市にて、BFPワークショップ
先日の土曜日、愛知県岡崎市の Global Studies Cafeにてドキュメンタリー映画「こるはの独唱」を上映しました。

聞き覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。そう、東京でも一度このドキュメンタリーの上映ワークショップを開催したのでした。

全編を拝見できなかった私の希望により、岡崎市で開催する運びとなりました。集まってくださったのは、5名!出演者の中林敦子さんを囲んで少人数ながら、とても有意義な時間を持つ事ができました。


参加者の一人がFacebook に感想をあげてくださっていたので、内容の紹介も兼ねてご紹介します。

*******
岡崎のGlobal Studies Cafe で映画「こるはの独唱」を観る。戦中の一人の若者の生きざまをたどるドキュメントだ。

音大で学びながら評価の高いオペラを作曲するものの、未完のまま学徒出陣でフィリピンに出征した村野弘二。終戦直後に現地で拳銃自決する。映画は関係者への取材や資料調査により、その実像に迫ろうとする。当時の主人公と同世代の学生による卒業制作だ。

この日は、村野の姪で作中にも登場する中林敦子さんも参加。上映後の議論で主人公の生き方や背景、制作した学生の思いなどについてさまざまな意見が交わされた。貴重な情報を惜しみなく伝えてくれる中林さんの参加は、議論に一層の広がりと深みを与えてくれた。
*******

今後も岡崎ではドキュメンタリー映画の上映などを積極的に行っていきたいと思います。次回は10/27(土)を予定しています!
| イベントのお知らせ&レポート | 21:07 | comments(0) | - | pookmark |
芦屋の中学校でのワークショップ授業
芦屋の中学校でワークショップ授業。早朝に出て4コマ連続とハードでしたが、大学生の会員さんに助けてもらい、そして何より意欲のある生徒さん達に勇気付けられて無事に終えました。

若い世代は未来の希望です。
元兵士の方々の言葉を覚えて感想に書いてくれる生徒さんが沢山いて、すでに他界された方々もさぞかし喜んでおられるだろうなぁと嬉しくなりました。

「映像に撮っておいてもらえれば、その分自分が長生きしたことになる!」
そう言って快く取材に応じてくださった方のお顔が浮かびます。

伝え続けてゆくこと。
「過去の戦争を知り、未来のかたちを考えるきっかけをつくる」こと。
ずっと大切にしていきたいです。

このような機会を与えてくださる学校関係者の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。N先生、K中学校関係者の皆様、誠にありがとうございました。
| イベントのお知らせ&レポート | 14:49 | comments(0) | - | pookmark |
ピースボートさん主催イベントに登壇します!

暑さも和らいで来ました。

いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は東京でのイベントのお知らせです。

国際交流NGOピースボート(http://peaceboat.org/home.html)さんに

お招きいただき、BFP理事の畑江奈つ希が登壇します。

 

この機会に、フィリピン戦の歴史をどのように

受け継いでいくか、考えていきませんか?

 

💫戦争の記憶、どう継いでいく?💫

〜過去の戦争を知り、未来のかたちを考えるワークショップ〜

 

日時:2018年9月19日(水)19:00〜20:30(会場18:30)

場所:ピースボートとうきょう(新宿区高田馬場3-13-1-B1)

 

ご予約はこちらから
👉http://peaceboat.org/24197.html

 

 

| イベントのお知らせ&レポート | 11:38 | comments(0) | - | pookmark |
家族と戦争ー岡崎市で複数のドキュメンタリー映画を上映予定!

こんにちは!

 

9月に入って少し涼しくなってきましたね。

BFPは東京と愛知に拠点がありますが、後者の岡崎市では秋に複数のドキュメンタリー映画の上映を予定しています。 第一弾となる今月は、以前東京でも上映し好評だった「こるはの独唱」を上映します。

 

しかも、出演者の中林敦子さんが、わざわざお越しくださいます。お近くの方は、ぜひお出かけください!

 

★ドキュメンタリー映画「こるはの独唱」上映ワークショップ 

〜フィリピン・ルソン島で自決した音楽学徒・村野弘二をめぐって〜

 

日時:2018年9月22日(土)16:00〜18:00
場所:Global Studies Cafe(愛知県岡崎市康生通東1-23)

会費:学生500円・一般1500円(ドリンク込み)

お申し込みは コチラ

 

東京音楽学校(現・芸大)で作曲を学び、オペラ『白狐』を作曲、傑作と周囲から認められつつも、未完のまま学徒出陣でフィリピンに出征した音楽学生・村野弘二さん。敗戦を知らずに1945年8月21日、ルソン島で拳銃自決し22歳の人生を閉じました。 村野さんの姪・中林敦子さんが、この度わざわざ岡崎に来てくださることになりました!上映後にお話を伺います。

 

お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

| イベントのお知らせ&レポート | 16:13 | comments(0) | - | pookmark |
新潟県魚沼市で講演をさせて頂きました!
新潟県魚沼市教育委員会主催の講演会で、BFP代表の神直子がお話させて頂きました。 魚沼市といえば、BFP発祥の地である小千谷市のお隣!何だかとてもご縁を感じ、お招き頂きとても嬉しく光栄に思いました。 魚沼市は非核平和都市宣言をしています。市民の方々の意識も高く、みなさん映像も食い入るように見てくださっていたのがとても印象的でした。

アイスブレーキングのクイズでは、中学生が大健闘。彼らは、広島平和記念式典に同市から派遣された6名で、講演後に報告会が予定されていました。未来を担う彼らの姿がとても眩しかったです。 お招きくださった魚沼市教育委員会および関係者の皆様、ご来場くださった100名ほどの皆様、本日は誠にありがとうございました。
| イベントのお知らせ&レポート | 16:56 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE