NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

| main | What is BRIDGE FOR PEACE ? >>
AUTHOR: naoko_j
TITLE: 励ましの言葉、ありがとうございます!
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
ALLOW PINGS: 0
CONVERT BREAKS: 1
PRIMARY CATEGORY: 日々感じること、想いのままに…
CATEGORY: 日々感じること、想いのままに…

TAG:
DATE: 07/10/2005 00:24:46
-----
BODY:
情報をご提供いただいた皆さまに、経過報告を兼ねてメールを
お送りしています。送るたびにコメントを返信くださるなど、
たくさんの方に応援していただいて、本当に励まされます。
ご自身のネットワークでさらに広めてくださったり、ホーム
ページに掲載していただいたり、関わっている組織の会報に
載せてくださったり…。皆さま、本当にありがとうございます。

私自身、個人のこのような活動がたくさん湧き起こってくること
で、社会は確実に変わる、と信じている1人です。あきらめは何
も生みだしませんから。自分が大切だと思うことに、じっくり
取り組んでいきたいと思っています。
ただ、今回のプロジェクトに関しては、こちらの意図が前面に
出すぎることのないよう、バランスのとれた聞き取りを心がける
つもりです。

ご指導、アドバイスなど今後ともよろしくお願いします。

●大学時代よりお世話になっているマスコミ関係者の方から
個人的には、遠回りな道だと正直思う。
いままでも多くの人が同じことをしてきたにも拘わらず、
残念ながら著しい成果があったとは今の日本を見ると言えないからだ。
ただ、やる以上は、協力してくれる人がいなくとも、智恵を
使って、過去の人を凌駕する心意気で全力投球するしかないだろう。

●小学校教員の方(女性)から
あなたの勇気と元気に大きな拍手を送ります!
年輪を重ねてきた者より、これからの歴史を作っていく若者こそ
戦争を知るべきです。加害者もまた心に大きな傷を負ったのですね。
良心が今も咎めているのですね。こういう方々の存在を知らせれば、
庶民は日本人もフィリピン人も、むりやり権力者によって加害者に
されてしまったことがわかりますよね。
庶民レベルでは手を繋ぐことが可能だと思いました。
とにかく国民は賢くなり、自分たちを苦しめるものを国会へ送ら
ないことが重要ですね。

その他、励ましの言葉をくださった皆さま本当にありがとうございました。
このブログへのコメントも大歓迎です。
-----
EXTENDED BODY:

-----
EXCERPT:

-----
KEYWORDS:
-----

| 2006.4backup | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bridgeforpeace.jp/trackback/1121694
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE