NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< BFP5周年イベント;助成事業報告に行ってきました! | main | NPO法人として:一般説明会の開催 >>
5月15日「つながる☆BFPフィリピン・イベント〜ハロハロ入門〜」開催します!
もうすぐ新年度!
昨年から告知していた通り、今年は原点回帰。
BFP発足のきっかけとなった「フィリピン」をテーマにしたイベントの準備を着々と進めていま〜す。

特別ゲストの一橋大学・中野聡先生のところに、先日打ち合わせへ行って来ました。大学2年生のMちゃんが、担当として頑張ってくれています。


イベントは、2010年5月15日(土)。
今から、予定を空けておいて頂けると嬉しいです。


つながる☆BFPフィリピン・イベント〜ハロハロ入門〜


------------------------------------------------------------------
日  時:2010年5月15日(土)12:30〜18:00
会  場:JICA地球ひろば「講堂」(東京都渋谷区広尾4-2-24)
参加費:一般700円、学生500円
------------------------------------------------------------------

12:30 受付開始
13:00 BFP「フィリピンと日本を結ぶビデオメッセージ」上映
13:30 参加者自己紹介 & シェアリング
14:00 「まずは、フィリピンを知ろう!」ワークショップ
14:15 休憩
14:30 特別ゲスト★一橋大学・中野聡先生 講演
15:30 中野先生への質疑応答
16:00 バンブーダンス(仮)
17:00 フィリピンお菓子タイム & 交流



フィリピンといえば‥「バナナ」「南国」など、温暖な国を想像する人が多いでしょう。
「真っ青な海」に囲まれた島国であることも、その特徴です。
「貧困」「フィリピンパブ」という視点で見ている人もいるでしょう。

一方、BFPは「フィリピン戦」という切り口から関わってきました。
どのイメージも正解であり、間違いではありません。
また、スペインやアメリカの植民地となった歴史から、その文化的な影響も受け、多様な文化が混在している国でもあります。

そんなフィリピンを示すキーワードは
ハロハロ”!
現地の言葉で「ごちゃまぜ」という意味です。

BFPは設立当初からフィリピンをテーマに活動してきましたが、6年目を迎え…

改めてフィリピンの色々な顔を知ってもらい、興味を持ってもらいたい!
既に行った事のある人には、さらに好きになってもらいたい!
そして、BFPならではの「多世代」「異文化」をテーマに交流して、
イベント会場が“ハロハロ”になったら楽しそう!

そんな想いで、
「つながる☆BFPフィリピン・イベント〜ハロハロ入門〜」を開催します。

フィリピン戦をわかりやすく解説してくださる特別ゲストは、
一橋大学の中野聡先生。

フィリピンの歴史や文化をともに学び、感じ、現代で生きるヒントをそれぞれが持ち帰ることができるイベントにしたいと思っています。

皆様のお越しをお待ちしています。


------------------------------------------------------------------

★フィリピン戦をわかりやすく解説してくださる先生が特別ゲストです!!★

中野聡先生(一橋大学社会学部/大学院社会学研究科教授)
一橋大学で社会学博士号取得。一橋大学社会学部・社会学研究科助教授を経て、2003年より現職。アジア・太平洋の国際史を、米国・フィリピン・日本の関係を軸に研究されています。2007年にはNHK「その時歴史が動いた」にも出演されるなど、フィリピン戦を多角的に分析されるその研究には定評があります。
先生のHPやブログには研究に関係する事が画像や動画と一緒に紹介してありわかりやすくて本当に面白いです!!!<中野聡先生HPは、コチラ BLOGは、コチラ
 
BFPとは活動発足当初に、中野先生の論文をインターネットで読んでからのご縁。先生のHPやブログなどでもBFPへのリンクを貼ってくださっています!

著書:『日本占領下のフィリピン』 1996年 岩波書店 
(第10章 追悼の政治 戦没者慰霊をめぐる第二次世界大戦後の日本・フィリピン関係史)
   『近現代日本・フィリピン関係史』 2004年 岩波書店 
(第1章 宥和と圧制―消極的占領体制とその行方―)

------------------------------------------------------------------
主  催:NPO法人ブリッジ・フォー・ピース
協  力:NPO法人ふれんどしっぷASIA、NPO法人ソルト・パヤタス
助  成:国際交流基金

| イベントのお知らせ&レポート | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bridgeforpeace.jp/trackback/1489331
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE