NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< NPO法人として:一般説明会の開催 | main | BFPビデオメッセージ上映会のお誘い >>
悲しい知らせ
 昨晩、随分久しぶりに、ある兵士の方の携帯から着信があったことに気づきました。
 最後に電話でお話した時は、体調が悪いということでとても苦しそうだったことを覚えています。そんな状態でしたので、こちらから連絡をすることは控えつつも、「どうされているかしら…」とずっと気掛かりではありました。

 少し良くなられたのかな、とかけ直してみると、電話に出られたのはご本人ではなく女性の方。その瞬間嫌な予感がしましたが、それが的中してしまいました。

 「先月、主人が亡くなりました」

 とっさに返す言葉が、思い浮かびませんでした。
その方は、BFPとして初めて戦争体験を聞かせて頂いた、取材対象者の1番目の方なのです。

 右も左もわからない中、想いだけでプロジェクトを始めた私は、インターネットや知人・友人を通して、証言してくださる方を2004年8月から賢明に探していました。そんな時、当時の職場を通して面識のあった方が、思いがけずご紹介くださったのが、この方でした。

 初めての取材ということで、本当に緊張しながら待ち合わせ場所に向かったことを、今でも鮮明に覚えています。2005年3月2日に初めてお会いしてから文通などを通して交流させて頂き、時にはご自分の畑に誘ってくださって一緒にお野菜を収穫したり、私の職場の近くまでわざわざ尋ねて来てくださって、喫茶店でお茶をご馳走になったこともありました。

 これまで、奥様とは全く面識がありませんでしたが、私のことは良く話してくださっていたそうです。送った手紙類も、綺麗にファイリングしてくださっていたと昨晩の電話で教えて頂き、思わず泣いてしまいました。奥様も役所に手続きへ行った際、その方の名前が「抹消」されてしまう事が悲しくて、悲しくて、手続きをしながらポロポロと涙が溢れてきてしまったと話しておられました。

 こうして交流させて頂けたこと、私にとっては何にも変え難いかけがえのない財産です。
心から、ご冥福をお祈りしたいと思います。
| 元日本兵インタビュー&交流 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bridgeforpeace.jp/trackback/1489334
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE