NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 2011年度・BFP会員説明会のお知らせ | main | 中国ワークショップ開催します! >>
今年度は20回のワークショップ開催を目標にします!
ブリッジ・フォー・ピース(BFP)は、フィリピンの戦争犠牲者と元日本兵の方々の体験を聞き取り、ビデオメッセージとして両者を結ぶ活動から始まった団体です。

2011年度からは、【過去を知り、未来の形を考えるきっかけを作るワークショップ】を積極的に開催していきます。少なくとも毎月1回、第4日曜日にはBFPのビデオメッセージ上映・ワークショップを開催します。その他、テーマ別のワークショップも色々と企画中です。写真は先日の打ち合わせの様子。


ワークショップ開催日程を随時お知らせしますので楽しみにしていてください。
ワークショップの担い手になってみたい!という方がいらっしゃいましたら、遠慮なくお問い合わせください。

以下は、このblogでもお知らせしてきましたが、改めてワークショップ20回を目標にするようになった経緯をご確認いただけたら幸いです。昨年お世話になったサービスグラントの皆さんの力もお借りして、このような結論を得る事が出来ました。2011年度も頑張ります!

----------------------------------------------------------------------------------------------------
これまでの背景
----------------------------------------------------------------------------------------------------
1.代表の神直子が戦争被害者と出会った事がきっかけとなり、被害国と加害国の心の溝を  埋めるためにビデオメッセージを作成し、現地と交流を始めた。
2.被害国フィリピンのみならず、日本国内でも「戦争」をテーマとした多世代の必要性を
  感じ、交流イベントなどを手がけてきた。
                ↓
----------------------------------------------------------------------------------------------------
これまでのBFP
----------------------------------------------------------------------------------------------------
フィリピンと日本の間で、市民レベルでかつての戦争への思いや体験談を伝えあうなどの交流をおこない、相互理解を深める活動を行ってきた。当初の目的である、戦争被害者に向けたビデオメッセージから、一般市民に向けた上映を行なうことで世代間の認識のギャップを埋め、過去の過ちに学んでいけるようなきっかけ作りに発展してきた。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
新たな問題提起
----------------------------------------------------------------------------------------------------
1.被害者にビデオメッセージを届け、関心を持ってくれる個人と繋がりながらBFPの
  活動を進めてきたが、本当の和解を考えた時に、重要なことは日本人が、過去の
  事実を当たり前の事として認識していることではないか。
  つまり、「教育」という視点が欠かせないのではないか。
2.ゆるやかなネットワークとしての運営を心掛けてきたが、NPO法人となり社会的責任
  も増える中で、これまでと同じような形態での継続は問題が起きかねない。成果目標
  を設定し、多世代で運営する事業型NPOへ発展させていく時期ではないか。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
★結論
----------------------------------------------------------------------------------------------------
「戦争のない社会を目指し、その為に過去から学び、未来に活かす。
 加害の過去を当たり前の教養として捉えることが出来、国際的に通用する
 人材の育成を目的としてワークショップを開催する」
という事を掲げ(細かな文言はこれから検討を加えます。あくまでも方向性という事です)【教育】【ワークショップ】をキーワードとした活動に発展させていきます。
注:ワークショップとは、参加型学習、体験型学習と呼ばれているもので、参加者の自発性を求めるもので、上から教えるイメージとは異なります。頂いた貴重な証言を永遠の教材として受け手の世代が歴史を学ぶと同時に豊かな想像力を養うことが可能であるワークショップという手法で教育現場に関わっていきたいと考えています。

日本の歴史とまだ十分に向き合えていない若い世代(小学生から30代)を対象に歴史認識を深める事の大切さを感じてもらう事と同時に、学校関係者や子どもの親など平和づくりや「考える教育」に寄与したいと思っている人との連携を深めていきます。
| BFP日々の出来事 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bridgeforpeace.jp/trackback/1489447
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE