NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2020 Bridge for Peace All rights reserved.

<< ビデオメッセージ上映ワークショップを実施しました | main | 取材レポート(大学生・三川) >>
北京4日間(会員・町田)

今年7月の「言論NPO」がおこなった日中共同世論調査によると中国に対して“良い・どちらかといえばよい印象を持つ”日本世論は20.8%、その逆の中国世論は28.6%にとどまり、尖閣問題が反映されていることは明らかと指摘しています。そんな折、わずか4日間の日程でしたが、私にとって観光目的以外では初めての北京訪問であり、貴重な体験をさせてもらいました。以下、断片的ですが、感想を記します。

●中国社会科学院近代史研究所長・歩平さん(2006~2009年、日本政府提案による日中歴史共同研究の中国側責任者)のような政府系シンクタンクのトップクラスの方とBFPが面談できたとは、実は内心驚きでした。初対面で、こちらから立ち入った質問や意見交換を求めるなどは無論自制しましたが、歓談の席では、歩平さん自身が今の仕事に携わるようになった由来などを気さくに語ってくれるのを聞きながら、ある種、中国人のフトコロの深さを感じました。氏は、かつて日本の政治家との対談で、日本と中国の相互理解のためには、まず、あらゆる市民どうしの交流や対話が必要と熱く語っています。まさに有言実行者という印象を持ちました。

●観光スポットで有名な故宮(清朝の王宮)が、かつて日本軍の管轄支配下にあった頃、こんな惨劇があったことをはじめて知りました。日本軍は大陸の都市を攻略するごとに、その“戦果”をみせつけようと北京市民を強制的に故宮に集め、延々報告を始める。長時間、不動の姿勢を強いられた小学生を含む群集は、何かのきっかけで欄干からなだれを打って落下、死者・重傷者多数を出す…。この事故を伝える記事は、翌日の新聞には一言半句も無かったそうです。

歴史に if は適用できないのは承知のうえですが、かりに戦時中、皇居が外国(軍)の管轄支配を受けていたら、その外国に日本人はどんな民族感情を持ったでしょう?

●盧溝橋の中国人民抗日戦争記念館を見学の後、その隣で展示中の日本のWAM(女たちの戦争と平和資料館)が企画した「中国での日本軍性暴力パネル展」も参観。展示パネルの最後に感想を書き込むボードがありました。“日本鬼子”(抗日戦争時代、中国民衆が日本に向けた憎しみ・怒りのコトバ)などに並んで、“中華民族復興”、“中国大国地位確立”、“中国国際地位向上”といった自信と自負のコトバが目につきました。はじめ正直“ちょっと?”と違和感を覚えましたが、しかしここに屈辱を二度と許さない彼らの意思が込められているのだととらえ直し、さて、BFPが彼らとどのように平和の架け橋をつなげられるか、思い巡らしてみました。

●この夏、来年から使われる中学歴史教科書に、第二次世界大戦での日本のアジア侵略を正当化する育鵬社版が、残念ながら全国いくつかの地域で採択されました。ここで、その背景やいきさつに触れる余裕はありませんが、戦後1946年、スミでぬられた教科書を手にした小学一年生として、又日本と中国の近代史を学ぶものとして、胸に刻まれた言葉があります。ヴァイツゼッカー元西ドイツ大統領が、ナチス・ドイツ降伏40周年にあたり述べた一節です。

―過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもまた盲目となるー


| 中国訪問レポート | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE