NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2020 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 「おかざきニュース」編集部にて上映させて頂きました! | main | 9/1 学徒動員で風船爆弾を作っていた小岩さんの取材 >>
9/4取材報告【満州引き揚げ経験をされたIさん】
 2012年9月4日、愛知県安城市在住のIさんに満州からの引き揚げ経験についてお話を伺いました。

 

大正8年7月7日、神奈川県小田原に、Iさんは生まれました。女学校を卒業後、東京市役所(現都庁)に3年間勤務した後、満州に渡り現地の林野局に務めます。計8年に渡る満州の滞在では、林野局に3年、草履会社に3年、そして耐火煉瓦組合に2年勤めました。

 

満州に渡った経緯ですが、小学校5・6年の時に、地理の先生から満州は素晴らしいと聞いて、一度満州に行ってみたい思い、満州での勤務を希望したそうです。Iさんはお話をしながら、当時のことを振り返り、「今思うと、その地理の先生が、満州に行ったことがあったはずがないのに、満州は素晴らしいと言ったその言葉を信じて疑わなかった。教育とは本当に恐ろしいものだと思います。」と仰っていました。

 

日本の敗戦の色が濃くなるにつれ、現地では女性を日本に戻す動きが出始めたそうです。(敗戦後、ソ連軍が侵攻してくると、女性はレイプされる可能性があったため)Iさんも他の日本人とともに、日本に戻るために、シンキョウから列車に乗り、朝鮮半島から日本を目指しました。敵軍に見つかる恐れがあったため、列車は少し動いては止まりの繰り返しで、南を目指したそうです。

 

終戦となったのは、シンキョウを離れて4日目のことでした。10月のはじめに、チンナンポウに着きますが、そこでソ連軍に捕まり、施設に収容されます。ソ連軍に捕まった当初は、特にやることが与えられませんでしたが、その後物資をソ連に運ぶために、倉庫から物資を貨車に運ぶ作業を命じられます。

 

夜、数人の日本人と施設を出て、朝鮮半島から日本を目指しました。一週間かけて、38度線を超え、釜山から博多に戻りました。Iさんは、朝鮮の疎開地にて、ご主人と結婚しました。38度線を超えて日本に戻る際、Iさんのお腹の中には子どもがいました。

 

博多に到着後、5日間をかけて、ご主人の実家のある安城市に列車で戻りました。敗戦後は、あまりお風呂に入ることが出来なかったため、シラミがわいてしまい、博多に着いた際、米軍によりDDTを頭から撒かれ、体中が真っ白になった状態で、列車に乗り込み愛知を目指しました。乗客からは引揚者だという目で見られたそうです。

 

安城には、10月25日・26日頃戻ったそうです。実家に戻ると、ご主人のお母様から、裏戸から上がるように命じられました。裏戸から入ると、着ていた服をすべて脱ぐように言われ、湧かしたお風呂につかりました。お風呂から上がってくると、脱いだ服は庭で焼かれ、Iさんは義母さんの服を着させられたそうです。安城に着いてから一ヶ月後の11月にお子さんを出産されました。

 

戦後世代へのメッセージを伺うと、「戦争は決してやってはいけない。民族など関係なしに付き合うべきだ」と仰っていました。

 

2時間にわたる取材となりましたが、Iさんの内から出る凄みと臨場感あふれる言葉に、日常では体験できない貴重な時間を過ごすことができました。

 

戦争体験者の方々がご高齢となる中で、我々戦後世代の者たちが戦争体験のお話を伺うことは、戦争という過ちを二度と繰り返さないためにも、出来る限り行なうべきであると今回心から思いました。

 

 

 

 

| 取材-女性から見た戦争 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/09/15 6:21 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE