NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2020 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 英連邦戦死者墓地の追悼礼拝で見たこと、考えたこと(8月3日) | main | 外へ出て、人と出会い、自分を磨く(夏井佑来) >>
BFPとしての、2度目となる北京訪問報告
初めてBFPとして、中国・北京を訪ねたのが2011年。
なかなか再訪の機会に恵まれませんでしたが、あまり間を空けてはいけない…と思い切って、北京を再訪しました。前回同様、熱田敬子さんにコーディネートをお願いし、行ってまいりました。熱田さん、今回も大変お世話になりました!

短期ということもあり、ツアーとしてではなく、前回お世話になった方々のご挨拶まわりが中心です。BFPとしての中国プロジェクトの全体像が、まだまだ私自身しっくりときてはいなかったのですが、今回の訪問で明確になってきたことが一番の収穫と言えるでしょう。

特に、前回は私自身が中国に行くこと自体が初めてということもあり、イメージを描くのも一苦労。ようやく、どういう視点でこれからプロジェクトを進めていくのか、私なりの視点が出来つつあります。

出来れば来年、もしくは再来年には、一つの「形」として具体化させたいと考えています。
もし関心を持ってくださる方、ご協力頂ける方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。お待ちしております。

大学関係者及び研究者の方々からも、前向きなご意見を頂く事が出来たと思います。示してくださったお気持ちを無駄にせぬよう、失礼のないよう、しっかりと準備して臨みたいと思っています。


私自身が中国と出会う中で、見方が変わってきているのを感じています。
もっともっとお隣の国である中国の事を知りたい!そう思っています。


 
| 中国訪問レポート | 21:54 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE