NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 沖縄ツアー・レポート(樫村) | main | 7/10 早稲田大学でのワークショップ授業 >>
「戦争体験の継承と基地問題は一体なのだ」と感じた沖縄ツアー
  青い空。青い海。美しい緑。いまの沖縄をみると、こんなところで戦争があったの?と感じてしまいます。

 6月27日から6月29日まで、2年ぶりにBFP沖縄ツアーを実施しました。今回、初日は観光をし、2日目に南部戦跡ツアー、3日目に基地の現状、辺野古を知るツアーの予定で行動した。今回は、沖縄平和ネットワークの下地さんに、2日間ガイドをしていただいた。

2日間で、戦跡や基地や辺野古などを回らせていただいたが、その中でも心に残ったことをお伝えしたいと思います。

 嘉数高台…市街地の中にある基地である普天間飛行場が一望できる高台。沖縄戦においても戦闘が激しかった地域でもある。普天間飛行場近くに所在する、普天間小学校は、基準値を超えた騒音で、夜間訓練の制限も守られていないとのことです。

 平和の礎…1995年に設立され、沖縄戦で犠牲になった方の名前が刻まれたモニュメント。

現在まで、約24万人の名前が刻まれているそう。その中で、説明を受けた「宮良英加」という方の言葉が非常に心に残りました。宮良さんが壮行会で残した「一度は生徒を教えてみたかった。戦争は非情だ。どんなに勉強したくてもできない。戦争のない時代に生まれたかった」という言葉でした。

くしくも時は戦時中、
「戦争のない時代に生まれたかった」
といえば懲罰も覚悟しないといけない時代にあったのにこのような言葉が言えたのは衝撃的でした。それと同時にいかに自分たちが、平和な世の中に生きているのだと実感しました。

白梅の塔…ひめゆり学徒隊と同じく、看護活動に従事した白梅学徒隊の慰霊碑があるところです。慰霊の日が過ぎた最初の週末ということもあって、献花が多くありました。ここで印象に残った言葉は、白梅学徒隊は、ひめゆり学徒隊と違って、平和祈念資料館もなく当時起こったことを、次世代に伝えていくための手段は限られているが、ひめゆりだけでなく、私たちも沖縄戦で起こったことを伝えていかないといけないとのことでした。

基地・辺野古…沖縄県の75%が基地であるという現状。実際に普天間基地のクリアゾーンには、保育所や学校、病院などがあり基準値超の騒音に悩まされていると同時に、事故の危険性もあるといいます。嘉手納基地近くの「道の駅かでな」からみた基地には爆音で離着陸する飛行機が何度も見えました。辺野古についても、天然記念物であるジュゴンが住む海の生態系を守るだけでなく、基地が建設されれば、海上要塞となり多くの兵士が前線に送り出されてしまう。海に守られてきたのだから今度は海を守るという思いから座り込みは19年目を迎えているそうです。基地の中に住む人の光熱費などは日本政府がまかなっているというお話も聞きました。外出する時もクーラーなどはつけたまま外出するそうです。

今回の旅で感じたのが、基地の中に沖縄がある。戦争体験の継承と基地問題は一体なのだと感じました。今年で、沖縄戦が終結して70年が経ちました。これからも、沖縄が抱える現状を知り発信し、未来に伝えていかなければいけないと感じました。最後に、ひめゆり学徒隊の引率者だった仲宗根政善さんの言葉を紹介して締めくくりたいと思います。

平和か戦争かは、まるで綱渡りのように一線の上をすれすれに通っているのだ
多くの人々の心の中に、平和を積み上げてゆくことなしには、戦争から平和を守ることは
不可能だ。 仲宗根政善

| 沖縄訪問レポート | 14:26 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE