NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 11/10ワークショップ授業@早稲田大学 | main | 【岩井忠正さんをお招きして】11/20(日)ワークショップ >>
猪熊さんに背中を押されて〜「うたがたりコンサート」@北区
専修大学でのワークショップに来てくださっている栗田由起子さんから
お手紙をいただきました。

「猪熊さんのお話を聴いて、来月のコンサートで『別れのブルース』を歌うこと
にしました。
戦時中、淡谷のり子さんが慰問先でリクエストされた曲は『別れのブルース』や
『雨のブルース』で、軍歌ではなかったそうです。また淡谷さんが少年兵の前で
歌った時、歌っているときは泣かないことをポリシーにしていたけれども、
泣かずにはいられなかったというエピソードも残っています。

猪熊さんのお話を聞けたことで、少年兵の無念さや辛さを知りました。
最近は、別れのブルースは当時の人の心を伝えるのにふさわしいと思うように
なりました。

小さなことかもしれませんが、私も伝えるきっかけを作りたいと思っています。
このような気持ちになったのも猪熊さんのお話やブリッジ・フォー・ピースの
活動のおかげです。今後も応援し参加していきます。」



栗田由起子さん(左)と友人たち

秋冷の11月18日に小さいけれど、すてきな「うたがたりコンサート」を開き、
猪熊さんと少年兵たちについて語り、歌い、心にしみいる時間になりました。
栗田さん、ありがとうございました。
(斉藤由美子)
| BFP日々の出来事 | 17:47 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE