NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 鳥取県でワークショップ授業を実施しました! | main | 新年度第一弾のイベントが、それぞれ東京と愛知で開催されます! >>
シベリア抑留・松本さんの取材報告

2017年2月5日、久しぶりの雨の中、シベリア抑留で強制労働をさせられた元兵士の方に、斎藤由美子さん、畑江奈つ希さん、そして私、金子聖奈とで取材をしてきました。

今回取材させていただいたのは、19歳で徴兵され、1948年まで極寒の地での労働を強いられていた松本茂雄さん(91)です。雨の中にもかかわらず、私たちを駅まで迎えに来てくださったり、取材に絶好の静かな公民館まで手配してくださったり、私たちをとても暖かく迎えてくださいました。元日本兵の方への取材が初めてだった私にとって、松本さんのあたたかいお人柄のおかげでどれほどリラックスできたことでしょう…。

そして松本さんは、たくさんの資料まで準備してくださっていました。徴兵されたときに受け取った入隊通知や、シベリアからの抑留通知、陸軍の戦陣訓、傷痍軍人証などを大切に保存されており、現物をそのまま見せてくださいました。

戦争を知らずに育ってきたわたしは今20歳で、松本さんが兵隊にとられたのは19歳。松本さんは、私と同じ年のころは満州でソ連兵と命をかけた戦いをしていたという現実は、私をとても動揺させました。もちろん、自分くらいの年齢の人が、戦時中にはたとえ学生であっても、女性であっても、戦争のために命をかけなければならなかったことは、事実として知っていました。しかし、本当にその経験をした松本さんの口によってその経験を裏付ける様々な資料をもとに語られることで、歴史的な「事実」として受け止めていたものが、本当の「現実」だったのだというリアルな感触を痛烈に感じました。

国への功労者でありながら侵略者であり、罪悪感もありながらシベリア抑留では犠牲者でもある。そのような矛盾に満ちた、簡単には解釈できないような人生を、松本さんは淡々とした口調と落ち着いた表情で、しかし奥には厳しさを持って、語ってくださいました。

私にとって歴史として習ったことが、リアリティを持って自分に突き刺さるのは、想像していたものよりもずっとショッキングなことで、途中では涙が出てしまうこともありました。しかし、私は今のより多くの若い人、つまり私たちの年齢の人、学徒動員で兵隊にとられていたような年齢の人たちがこのショックを受け止めるべきなのではないかと思いました。

後半には、現代的な問題についてもお話をいただきました。武器輸出三原則にかわる防衛装備移転三原則で武器の輸出が限定的であったとしても認められたり、集団的自衛権が認められたりと、日本はどんどん軍事色を強めているように感じます。松本さんは、そのような社会の中で、問題をきちんとテーブルに置いて提示すること、答えが出なくても議論しつづけることが大切であり、今の社会ではそれができていない、と強くおっしゃっていました。

たしかに、少しの政治的な発言さえも憚られるこの空気感はなんなのだろう、と大学生ながらに(いや、学生だからか?)思います。自由な発言が許されているはずなのに、「空気感」が問題を提示することを躊躇わせる。この状況では、このままどんどん日本が軍事化していっても誰のせいにもできません。「おかしいな」と感じた時に声をあげなかった、私たちの責任になってしまうのです。私たち若い世代は、これからを生きていくのですからなおさら、もっと関心を持ってもっと活発に議論しなければなりません。

そんなとき、松本さんがおっしゃっていたような「国に捨てられた経験」(「棄民」という言葉を松本さんは使っていました)を持つ人の体験談をしっかりと受け止め、これからの未来をつくるための貴重な証言として、リアリティを維持したままずっと語り継いでいくべきだと強く思いました。

ブログでは松本さんが教えてくださった息を飲むような経験や、たくさんのご意見をすべてシェアできないのが残念です。しかし、今後ワークショップなどで証言を活用させていただき、そういったかたちで私たちは問題をテーブルにのせ続けていこう、と思います。

私にとって元日本兵の方への初めての取材でしたが、斎藤さん、畑江さん、そして松本さんのおかげで、たくさん勉強させていただきました。本当にありがとうございました。

以下、畑江さんの感想です。

19歳で『入隊通知』を受けた松本さん。「私に狎捗姚瓩皺燭發覆ぁハガキ一枚で連れていかれ‥‥全部戦争だった。」と仰ったその厳しい表情の奥に、満州で過酷な時を過ごした戦時中の記憶とシベリアでの抑留の悲惨さを垣間見た気がしました。

「古い精神論、そんなものの元に、どれだけの命が散ったか‥‥」

「戦後、日本人は過去の戦争と、今の社会の現状について正面きって向き合った議論をしてきたのでしょうか。経済的成長を追い求めるだけで本当にいいのでしょうか。

まず、自分たちが感じているその猝簑雖瓩鬟董璽屮襪砲里擦討澆襦自分たちの問題として、まずその前提で互いに話をしてみればいいのだと思います。」

松本さんがくださった未来世代へのメッセージはあたたかく、背筋が伸びる思いです。

当時の資料となるものをカバンいっぱいに持ってきてくださり、見せてくださいました。松本さんが私たちに伝えてくださったことを、更に多くの方にお伝えできるよう、努めていきたいと思います。

| 取材-シベリア抑留 | 17:27 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE