NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 多くの学び、発見、出会いがあった何にも代えがたい経験(天沼えり子) | main | 出会いの豊かさのなかで(刀川和也) >>
活動を繋いでくださる会員の皆様への感謝
14回目となる、BFPフィリピン・ツアーを開催しました!

気づけば、私がBFPを始めたきっかけとなった青山学院大学の雨宮剛先生によるフィリピン体験学習に参加したのも、その第14回目でした。感慨深いです。

さらに、今年は初めて4歳になる息子を同伴しました。戦争体験者の皆様が喜んでくださり、ツアー参加者の皆様もあたたかく迎え入れてくださって本当に有り難く思いました。ツアー参加者の皆様、本当にありがとうございました。


今回、改めて湧き上がってきたのは「BFPツアーにこれまで参加し、繋いできてくださった方々への感謝」です。息子の妊娠・出産でフィリピンに行けなかった年もあった訳ですが、その間繋いでくださった会員の皆様の存在があります。

式典では初めて
「毎年、出席してくれているブリッジ・フォー・ピース」という紹介があり、受け入れて頂いているのを実感する事ができました。


マニラ市街戦の追悼式典には今回のツアー参加者に加え、他のBFP会員さん複数が合流してくれました。それをみたフィリピン人からは「BFPファミリーだね」とコメントがありましたし、ある戦争体験者が、「これまでのBFPツアー参加者全員集うツアーが出来たらいいね」と目を細めて話す姿が印象的でした。気づけば、これまでのツアー参加者総数は40名になりました。

他にも様々な出逢いに恵まれたり、虐殺事件を生き延びた97歳になるコルネリオさんとの再会も果たす事が出来ましたが、その一方、帰国直後に大変お世話になった97歳になる元日本兵・池田幸一さんの訃報が入りました。

残された時間は限られています。
繋いできたご縁を、恩師が私に託してくださったように、私たちの世代からまた次の世代にバトンタッチしてもらえるように、引き続き頑張っていきたいと思います。
| フィリピン訪問レポート | 12:48 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE