NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 8/4(土)フィリピンから考える戦争と平和〜平和の一歩は「知ること」から〜 ご参加お待ちします! | main | 【オープンチャーチイベント】 フィリピンから考える戦争と平和 ~ 平和への一歩は「知ること」から〜 >>
7/15 歴史 NGOフォーラム と ルソン島南部ツアー報告〜歴史の記憶をめぐって〜
猛暑が続く7/15、文京シビックセンター5階の会議室で、スタッフ、学生を含めて
13人が参加してBFP東京でのワークショップが開かれました。



学生会員の金子聖奈さんからリパ・ツアーの報告
パワーポイントを使ってリパでの虐殺の史実を簡単に紹介し、
それから2016年3月の訪問で初めてパガオのバランガイキャプテンと
お会いして、2017年2月に覚書を交わして建設を具体化し、本来は
井戸のところに慰霊碑を立てるつもりだったが、
2018年2月にバランガイオフィスの外に立てることになったという変更点、
さらに2018年7月(最新)では高校の建設の土地購入+慰霊碑建設費
に当てられることになったという報告をしました。
慰霊碑建設よりも、パガオの方々にとっては高校の建設が優先事項のような
印象を受けた、ということも話しました。

また、この報告についてはお越しいただいた方から
・慰霊碑を立てるだけで、本当に歴史の継承につながるのか?
 高校に建設したとしても、形骸化しないか?
などの厳しい意見もありました。

慰霊碑を立てるということが、「戦争遺跡」(戦跡)を「作る」ということ、
そこに日本人・フィリピン人問わず、当事者の是非は問わず、たくさんの人の思いが
のせられること、小さくても歴史を自分たちで作り出そうとしているんだなという
責任感を感じました。

マニラでの歴史NGOフォーラムについては、2002年から始まった日中韓の東アジア
共通の歴史教科書等にも触れて、浅川さんから話していただいた後、
参加者との自由な交流タイムになりました。



参加者の中に美術関係の方々もいらして、お金のかからないモニュメントとして、
アイ・ウェイウェイ(中国の現代美術家)の福島での展示 "Don't follow the wind!" の
紹介、日常生活に違和感を差し込むという方法(例えばドイツの「つまづきの石」)など
”アートの力”や演劇の力を借りての「記憶の共有化」についても、大変
興味深い話が次々と出ました。



また、、マニラ戦当時のスペイン大使館襲撃事件のたった一人の
生き残りの少女(当時6歳、現在はバルセロナ在住)について研究、聞き取りを続けてきた
一橋大学の荒沢千賀子さんからは、「語り継ぐことをしているだろうか」と話されました。

参加者からの感想
・リパ慰霊碑建立の大変さ、具体的にお話しいただき、感謝します。
・少人数なので、ざっくばらんに話すのはとても良いと思います。
・様々な専門性を持った方が集う、様々な意見に触れられえる貴重な機会だと思いました。
・本当に学びの多い充実した時間でした。パガオでのモニュメントのお話しは、非常に
 考えさせられました。実際に現地でのやり取りの中で、プランが変更されていく
 プロセスは実にリアルで、本当に大変かと想像します。
・毎年12月にマレーシア/シンガポールから現地の戦争体験者を読んで横浜で
 証言集会を開いているのですが、体験者の年齢が上がってなかなか日本まで
 来られる人を探せなくなってきました。こうした状況にどう対応しているかに
 ついて、ブリッジ・フォー・ピースの経験トノウハウを知りたいです。

ご参加ありがとうございました!

(斉藤由美子)



 


| BFP日々の出来事 | 11:40 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE