NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< ニューギニア西部ビアク島・武内満多男さん取材報告  | main | 10/21(日)13:30~ 「記憶を失い、ただ一人生き残った6歳スペイン少女のその後〜スペイン総領事館襲撃事件(1945フィリピン・マニラ戦)〜」 >>
愛知県岡崎市にて、BFPワークショップ
先日の土曜日、愛知県岡崎市の Global Studies Cafeにてドキュメンタリー映画「こるはの独唱」を上映しました。

聞き覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。そう、東京でも一度このドキュメンタリーの上映ワークショップを開催したのでした。

全編を拝見できなかった私の希望により、岡崎市で開催する運びとなりました。集まってくださったのは、5名!出演者の中林敦子さんを囲んで少人数ながら、とても有意義な時間を持つ事ができました。


参加者の一人がFacebook に感想をあげてくださっていたので、内容の紹介も兼ねてご紹介します。

*******
岡崎のGlobal Studies Cafe で映画「こるはの独唱」を観る。戦中の一人の若者の生きざまをたどるドキュメントだ。

音大で学びながら評価の高いオペラを作曲するものの、未完のまま学徒出陣でフィリピンに出征した村野弘二。終戦直後に現地で拳銃自決する。映画は関係者への取材や資料調査により、その実像に迫ろうとする。当時の主人公と同世代の学生による卒業制作だ。

この日は、村野の姪で作中にも登場する中林敦子さんも参加。上映後の議論で主人公の生き方や背景、制作した学生の思いなどについてさまざまな意見が交わされた。貴重な情報を惜しみなく伝えてくれる中林さんの参加は、議論に一層の広がりと深みを与えてくれた。
*******

今後も岡崎ではドキュメンタリー映画の上映などを積極的に行っていきたいと思います。次回は10/27(土)を予定しています!
| イベントのお知らせ&レポート | 21:07 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE