NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 龍谷大学でワークショップ授業でした! | main | 3日連続での講演会およびワークショップ授業 >>
教員の方々向けの平和学習会
今日は、愛知県小牧市の若手教員の方々向けの平和学習会。約200名の先生方に、BFPのワークショップ授業を体験して頂きました。


平和教育というと、原爆教育が基本となっていること。でも、それを変えてゆくことの難しさなど本音も聞くことが出来ました。もちろん、原爆を伝え続けてゆくことも大事ですし、BFPでも被爆者をお招きするワークショップもやっています。

「戦争を伝えるのに、色々な手法や情報があって良いのではないか」 「何となく日本に誇りが持てない子ども達がいるのは、歴史教育に何か問題点があるのではないか」

グループワークでは、さまざまな声が聞こえてきました。教育現場に携わる先生方の心に何かが残り、何かが変わってゆくかもしれません。

実際、今回の企画は平和学習を被害の側面にとどめない形で、と考えた学習会担当の先生からのお声掛けで実現しました。時代の変化は、いつも最初は一人の想いから始まってゆくように感じます。
このような機会を与えてくださったF先生、お疲れのところ耳を傾けてくださった先生方、誠にありがとうございました。
| イベントのお知らせ&レポート | 20:21 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE