NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 2019年2月のフィリピン・ツアー | main | 5/19(日)13:30〜「日本人として戦争に動員されて」元BC級戦犯、李鶴来(イ・ハンネ)さんの闘い >>
3/24 娘が語り継ぐ”父の沖縄戦” 〜腹話術で語る戦場の苦しみと心の傷

3月24日(日)の午後、東京ウィメンズプラザで2018年度最後の

BFP東京ワークショップを開催しました。

藤沢から柳川たづ江さんに来ていただき、腹話術のふくちゃんとのトーク、

映像やパワーポイントを使って、 柳川さんの父、日比野勝廣さんの沖縄での壮絶な

戦場体験と戦後長いこと苦しみ続けてきた姿を、家族の目、娘の視線から話して

いただきました。

 

柳川たづ江さんとふくちゃん              

 

愛知県出身の日比野勝廣さんは1923年(大正12年)生まれ、

19才で志願兵として軍隊へ。

20才で中国、石家荘へ、1944年8月に対馬丸で沖縄へ。瀕死の重傷を負い、

糸数アブチラガマに置き去りにされ、奇跡的に生き延びました。

「戦争の怖さは戦場体験だけでなく、戦後PTSD(心的外傷後ストレス障害)

と晩発性PTSDに苦しんだ。体験が体(五感)の奥深く記憶に残りうずき、死ぬまで

戦争から解放されない」ことだと柳川さんはいいます。

勝廣さんの苦しみを見つめ続けた妻の宣子さんは短歌を詠みつつ寄り添い、

4人姉妹(たづ江さんは四女)ともに、反発したり困惑しながらも、

父の加害体験を含めて伝え続ける活動をしていることに、共感を覚えつつ、

なかなかできることではない・・・と感じ入りました。

 

明治学院大生2人と来日中の台湾のジャーナリストも参加

 

【参加者からの感想】

*腹話術という話し方は初めてだったので、とても新鮮でしたが、戦争の重い話を、

 戦争を知らない世代でもわかりやすく対話型で話してくださることで、自分の問題

 として考えながら聞くことができました。「軍隊に入ることは、人を殺せる人間に

 ならなくてはいけない」ということや「戦争の苦しみは現在進行形で進んでいる」

 ということを、帰ってからゼミの仲間にも話をしようと思います。(鈴木雅恵さん)

 

*新しい形(戦後世代、腹話術)で戦争体験談を聞けて良かったです。日比野さんは

 ある意味、一生、戦争体験にとらわれてしまったのかなと思いました。

 戦争体験という体験や思い出は一生影を引くことの恐ろしさを知りました。

 (宗夏希さん)

 

*6/23が沖縄にとって慰霊の日であること、戦後のPTSD等、知らないことが

 多かったです。事実を知ることは大切と思いました。(栗田由起子さん)

 

*娘が語ることが、ものすごく重要。(明治学院大、高原先生)

 

遠くから来ていただいた柳川さん、

ご参加くださった皆様、ありがとうございました! 

 

 

日比野さんの著書(税込1500円)

                    

(まとめ: 斉藤由美子)

 

| BFP日々の出来事 | 15:30 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE