NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 3/24 娘が語り継ぐ”父の沖縄戦” 〜腹話術で語る戦場の苦しみと心の傷 | main | フェリス女学院高校での講演会 >>
5/19(日)13:30〜「日本人として戦争に動員されて」元BC級戦犯、李鶴来(イ・ハンネ)さんの闘い

2019年 第2回目

【BFP 東京ワークショップ】を開きます。

 

李鶴来(イ・ハンネ)さん(1925年生まれ、93才)は日本の植民地だった朝鮮で、

日本人として育ち、17歳で日本軍捕虜監視員として、タイービルマの泰緬鉄道へ

動員されました。

戦後は捕虜虐待の罪でBC級戦犯として死刑判決を受けました (後に減刑)。

しかしサンフランシスコ講和条約で日本人ではなくなったとされ、

日本政府からは一言の謝罪も補償もありません。

1991年に東京地裁に提訴、裁判を闘い続けてきました。

日本が朝鮮や台湾を植民地として統治したことを知らない世代も多い現在ですが、

李さんのビデオメッセージを受けとめ、ご一緒に考える機会にしたいと 思います。

ご参加お待ちしています。

 

日 時: 5月19日(日)13:30〜16:30

ビデオ: 『戦後補償に潜む不条理:韓国人BC級戦犯の闘い』      

     (法政大学・鈴木靖ゼミ制作 / 2017年 / 27分)

話題提供者: 伊吹由歌子さん

会 場: アカデミー湯島(文京区湯島2-28-14)     

    (地図)https://www.b-academy.jp/access/index.html

アクセス: 千代田線湯島駅(出口3)から徒歩7分       

      丸ノ内線・都営大江戸線本郷三丁目駅から徒歩10分

参加費: 学生500円、一般1000円

申し込み先:http://bridgeforpeace.jp/primary/20190519/

 

| BFP日々の出来事 | 17:33 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE