NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

<< 開発教育全国研究集会の分科会にて | main | 謝罪を求める動き >>
K.Mさん(元特攻隊員・戦争責任を戦後追及)
このところ、戦争責任について考える機会が増えました。
戦争体験を聞かせて頂く中で「上が言ったから仕方なかった…」そう話してくださった方がいました。

「上、って誰ですか?」そう聞き返す私に、
「上官…」と元日本兵の方。
「その上官は誰ですか?」と再び聞き返す私に、
言葉をつまらせてしまう日本兵の方。

結局、戦時中のいわゆる残虐行為を実行したのは自分だけれど、それを命令したのは直属の上官。でも、その上官もさらにその上から命令を受けている。一体その責任はどこまで遡ればよいのか、自分達もはっきりと自覚していない。そんな日本兵の方と沢山出会いました。

そんな中、元特攻隊員のK.Mさんは天皇についてはっきりと言及する数少ない人であると思います。

「天皇に戦争責任はないと言う人がいるけれど、戦争において人間が死んだ。その死に対する責任を昭和天皇はおっていると思う」そう言い切り、また自費出版で持論を展開されています(希望者はご一報ください)。

特攻隊員として、あと30分で命を落とすはずが、様々なトラブルにより引き返さざるを得なくなったK.Mさん。他の日本兵の方々が戦争責任の話になると口ごもる中、どうしてそこまで明確にお考えなのかを聞いてみると、
「あいつが死んで、俺が生きている。生きている責任を感じる」と低い声でゆっくりと答えてくださいました。

日本全体が、何だか腫れ物に触るように扱う戦争責任の問題。
K.Mさんの言葉を噛み締めながら、私も自分なりの答えを探っています。
| 取材-特攻隊 | 22:14 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
はちさん、いつも本当にありがとうございます。
イベントでお話されるのですか!聞いていなかったのでビックリです。でも、多くの方に話を聞いて頂ければ…と思っていたので、自分のことのように本当に嬉しいです。天皇に言及する人が少ないのは、本当に不思議なことだと感じます。
はちさん同様、私も感情に訴える作り話は私も好きではありません。「ひめゆり」は観たいと思いつつ、なかなか機会に恵まれていなかったのですが、いつもはちさんに教えて頂いていますね。また拝見したら、こちらでもご報告します!
 
| 神直子 | 2007/08/10 11:44 PM |
こんにちは。その元特攻隊員だった方だと思うのですが、来月のイベントにて証言されるので、お話を聞かせていただこうと思ってます。確かに戦争責任ってあいまいですよね。現代では企業の失態があるとすぐに社長に謝罪させようとする風潮がありますが、あの戦争については天皇に謝罪させよという人は少ないのが不思議ですね。
あと、先日、映画『TOKKO-特攻-』を見てきました。これは老朽機による故障やアメリカ軍に攻撃されてボロボロになって不時着した元特攻隊員の証言映画です。特攻隊について知るにはドキュメンタリー映画の方が「本人」が証言しているだけに当事者の当時の気持ちがわかるからいいですね。石原都知事が脚本を書いた映画のように、お涙頂戴で感情に訴える作り話って僕は好きじゃありません。美化で誤魔化されますから。今上映しているドキュメンタリー映画では「ひめゆり」もとても素晴しい証言映画でした。
| はち | 2007/08/07 10:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bridgeforpeace.jp/trackback/739688
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE