NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

2017年8月28日 岩井忠正さんの取材

こんにちは。学生実行委員の金子聖奈です。
大変遅くなってしまいましたが、8月28日に岩井忠正さんを訪問し、取材させていただいたご報告です。

おととしBFPのワークショップにもお呼びしてお話を聞かせていただきましたが、その日は私の都合が合わず、私にとっては今回が悲願の岩井さん訪問でした。

お会いしてみるととてもあたたかい笑顔で迎えてくださり、「志願」という言葉の岩井さんは、学徒動員で軍隊に入り、人間魚雷といわれる「回天」そして人間機雷と言われる「伏龍」という2つの特攻部隊に行くという、極めて稀な経験をされた方です。
岩井さんは、様々な取材を受けたり記事に書かれたりするなかで、「特攻隊に志願」として、まるで望んでいたかのように書かれることに違和感を感じる、とおっしゃっていました。岩井さんは「望んでいたわけではない。特攻だと知らされていなかったし、行った先がそうだっただけだ。」と、強い口調で仰いました。
終戦から70年以上経った今、当時との言葉と概念のズレは少なからず起こってしまうのかもしれません。
しかし、それだけ現代人の知識も想像力も衰えてきているのかもしれない、と危機感を感じました。当時の話を想像力をたくましくしながらしっかりと受け止め、しっかりと伝えていかなければならないと強く思いました。

岩井さんの経験された「伏龍」は、潜水服に酸素ボンベを背負い、棒の先端に機雷を仕込んだ装備で、兵士は海底に潜み、本土に近づく敵の上陸用舟艇を攻撃する作戦です。しかし、それは構造上成功することはありえなかったと言います。重い酸素ボンベを背負っているからひっくり返らないように前のめりになりますが、それでは頭上を通る船なんて攻撃できない。「海のことを知らない人たちが作ったんだな。と思った」と語っていた岩井さん。
権力者はバックの安全なところでこうして頭を使い、無茶を言うだけで、実際に動員されて命をかけているのは戦後社会を担うべきの若者であるんだなと思い、本当に腹が立ちました。



弟さんや奥様など、ご家族のお話もお聞きすることができました。
去年亡くなられた奥様は栃木県宇都宮市のご出身ということで、私と同郷でした。
そのことをお伝えすると、お顔がパッと明るくなって、「そうですか。」と嬉しそうに言ってらっしゃいました。
そのとき私は、とても陳腐ではあるけれど、人間のひとりひとりの幸せとは、大切な人との時間なのかもしれないと唐突に思いました。

私は、今の日本の情勢や理不尽なニュースに腹を立てて、今の状態をなんとかできないかとこうしてBFPの活動に参加したり、もっと知識を増やさねばと大学での講義などを通して勉強したりと、細々と活動を続けています。そうした、いわば「怒り」に裏打ちされた行動は、正直なところ大学の友人にはあまり理解されていないように感じています。

しかし、彼らには一見荒々しく(?)見えている私の言動や行動も、実は岩井さんが奥様をずっと大切にされていたように、人々が大切な人と幸せな時間を過ごせるような世の中を追求したいという、素朴な気持ちであることに気付かされました。都合がよいかもしれませんが、自分自身で、「これでいいんだ。」と思うことができました。

岩井さんは96歳になった今でも、社会に対して「おかしい」と思うことに声をあげつづけています。
それは私たち自身の責務としても引き受け、同じ事を二度と繰り返さないよう、自分たちの素朴な犢せ瓩里燭瓩棒爾鬚△欧弔鼎韻燭蝓議論をしたりしていくべきだと改めて背筋が伸びる思いでした。

今回一緒に取材させていただいた斎藤由美子さん、山地和文さん、そしてたくさんの貴重なお話を聞かせてくださった岩井さんに、改めて心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

| 取材-学徒出陣 | 22:39 | comments(0) | - | pookmark |
「平和のふるさと」岡崎めぐりを開催しました!
この度、愛知県岡崎市を会員の皆さまにご案内すべく、「平和のふるさと」岡崎めぐりを開催しました!3名の方々が参加してくださり、たっぷりと岡崎の魅力を感じて頂けたのではないかなと思います。^^


まず、読者の皆様もなぜ「平和のふるさと」なの?
と疑問に感じておられることと思います。

意外と知られていないのですが、愛知県岡崎市は、平和な江戸時代を築いた徳川家康公の生誕地なのです!

他にも大きな理由が二つあります。

1.平和な未来づくりを決意したお寺があります!
桶狭間の戦いで今川軍が敗れ、武将として参戦していた家康は、故郷・岡崎の大樹寺にある祖先の墓の前で自害をしようとしました。その時、住職が「厭離穢土 欣求浄土(おんりえど ごんぐじょうど)」と説き、家康は切腹を思いとどまったのです。この言葉は、戦国の世でけがれた土地を厭って離れ、浄土を求めることを示すものでした。生涯この言葉を家康は旗印としたと言われています。家康が自害をしてしまっていれば、日本はまた別の方向に歩み始めていたかも。日本の歴史が変わった地とも言えるかもしれません。


2.朝鮮通信使を幕府の要人が出迎えたのが、岡崎なのです!
豊富秀吉の朝鮮出兵によって、朝鮮半島と当時の日本の関係は決してよいものではありませんでした。外交を任された徳川家康が取り組んだのは、朝鮮通信使を日本に招くこと。江戸時代を通して全12回も朝鮮半島から数百人単位で日本にお迎えしました。このことがきっかけとなり、再び交流が生まれ、両国の関係は改善されていったと言われています。彼らを幕府の要人がお出迎えしたのが、岡崎です。当時「ご馳走屋敷」と呼ばれる迎賓館があり、手厚くおもてなしをしたそうです。


これらのレクチャー後、八丁味噌蔵巡りや、ぶどう狩りなどをお楽しみいただきました。


皆さん、10年以上BFPを支えてくださった方々ばかり。日頃の感謝をお伝えする機会になればと思ってお迎えしました。皆さん、お忙しい中、わざわざお越し下さり本当にありがとうございました!

| BFP日々の出来事 | 13:10 | comments(0) | - | pookmark |
伊勢市空襲展で平和講演会
今日は、平和講演会の講師として三重県伊勢市に行って来ました。なんと、来年で40回目となる空襲展を毎年欠かさず開催してきたとのこと。

講演会の他に、展示、紙芝居、映画な様々な企画が2日間にわたって実施されていました。


映像を交えてBFPのお話をしたところ、「とても大切な取り組み」と評価して頂くことが出来ました。


主催者も戦後世代ばかり。これから、それが当たり前の時代に入っていきますが、その取り組みにとても希望を感じました。

BFPの拠点がある愛知県岡崎市も7月20日未明に空襲を受け、280名もの方々亡くなっています。

何ができるかを、しっかりと考えていきたいと思いました。主催者の皆様、ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
| BFP日々の出来事 | 17:30 | comments(0) | - | pookmark |
現代版・朝鮮通信使プログラム、無事に終了!
昨年「パクス・トクガワーナって、なに?!」という徳川家康公の功績に学ぶイベントを、愛知県岡崎市で開催しました。その際招待した先生から、
「来年はぜひ学生を連れて来たい!」と提案があり、今年実現しました!

8月7日に来日し、5泊6日の行程を経て昨日無事に帰国しました。

「平和のふるさと・岡崎」を実感して頂くべく、まずはレクチャーと岡崎城、大樹寺訪問。


その後は岡崎をより深く知ってもらう為に特産であるお茶摘み、花火体験。浴衣や華道体験も日本を感じてもらう素晴らしい機会になりました。





その後は2日間のホームステイ!
学生からは不安がる声が多々聞かれましたが、「家族最高!」「ホームステイ体験が一番良かった!」という声があがったほど。やはり、臆せずに交流することが大切だと実感しています。

さらに、学生同士の交流が素晴らしかった!口々に「会う前は正直偏見を持ってたけど、共通点もいっぱいあって印象が変わった!」と喜ぶ声が多々聞かれました。

BFPが目指す国際交流の重要性を再確認することができました。
| BFP日々の出来事 | 17:10 | comments(0) | - | pookmark |
神戸の中学校で授業を担当させて頂きました!
6年前から継続してご依頼くださっている、神戸の学校に今年も呼んで頂きました。毎回、感性の良い学生さん達との時間となり、楽しみな時間です。


今年も中学2年生のクラスを、全4コマ担当させて頂きました。


ビデオメッセージを見てもらった後、ディスカッションです。日頃から様々な国際問題に積極的に取り組んでいる学校ということもあり、意見交換も活発です。




もし今が戦時中だったら、少年兵として赴く生徒さんがいるかもしれない、という年齢の彼ら。少しでも感じ取り、心に残るものがあればと、戦争体験者の方々の思いをお届けしました。

「過去の戦争を知り、未来の形を考えるきっかけ」になれば幸いです。生徒の皆さん、N先生をはじめとする関係者の皆様、本当にありがとうございました。
| BFP日々の出来事 | 14:23 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE