NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2020 Bridge for Peace All rights reserved.

毎日新聞に活動を掲載して頂きました!
8月15日。
今年はコロナでイベントも開催出来なかったので、Facebookで静かに想いをアップする終戦の日でした。

でも、その投稿を毎日新聞の岐阜支局長・花岡さんが目に留めてくださり、記事にしてくださいました。




例え小さな活動でも、見ていてくださる方がいる。その事は本当に大きな力になります。
| BFP日々の出来事 | 15:04 | comments(0) | - | pookmark |
小学生向けプログラム
戦後75年の夏。

小学生向けワークショップが始まっています。小学生の真剣な眼差しに、伝える側の大人の覚悟が固まってゆきます。来年からは、伝えてゆく担い手となる大学生の育成にもさらに取り組んでゆきたいと考えています。




歴史のバトンを渡してゆくことが、生きている私たち一人ひとりに課せらているとも思います。大学時代、恩師からそのバトンを期せずして受け取ることになった私。

先日久しぶりに電話をかけてきてくださった恩師からは、「とにかく長く続けてくださいね」 との言葉を頂きました。

ふっと力が緩みそうになるとき、支援者の方々からお手紙や時には贈り物が届くことがあります。先日もある方から、激励のお手紙と共に息子の入学祝いまで頂いてしまいました。そのお心遣いに胸打たれ、その方との思い出や、これまでのことが色々と思い出され、涙してしまいました。

本当にたくさんの方々に応援してもらい、支えてもらい、今があります。そして、人生の流れと共に自分が伝えてゆく番に入ってきました。

戦後75年の夏は、私にとって新たな覚悟の年になりそうです。
| イベントのお知らせ&レポート | 18:42 | comments(0) | - | pookmark |
小学生向けワークショップー参加者募集中!


【戦後75年ー  いま、家族で学ぼう「世界・戦争・平和」のこと】

今年は戦後75年。
「戦争のことを子どもに伝えたい」 そう考えておられる親御さんも多いと思います。

しかし、戦後世代がほとんどの世の中となり、限界もあります。そこで、夏休み中に家族で一緒におうちで学びながら、「世界・戦争・平和」のことを考えられるワークショップをご用意しました。オンラインなので、全国から参加できます!

学校の自由研究にも最適です。 書き込んで使えるキットもあります。

親から子、そして未来世代へ、平和へのバトンを手渡しませんか。

----------------------------------------------
日 時:8月10日-16日のいずれか3日間       
     10:30-12:00
    *申込先着順で、日程調整をします
対 象:小学1年から6年生
人 数: グループ 5人
参加費:BFP会員関係者2,000円      
     一般3,500円
    (自由研究ワークシート、おやつ代含む)
----------------------------------------------
| イベントのお知らせ&レポート | 15:16 | comments(0) | - | pookmark |
「学徒出陣」をテーマにしたワークショップ開催
本日は、Global Studies Cafeにてリアルなイベントと、Zoomを通じたバーチャルを融合させた企画を開催しました。

テーマは「学徒出陣」。
その意味や背景などを確認した後、今年100歳を迎えた岩井忠正さん(慶應大学在学中に出征)の証言映像と、立命館大学出身の方の証言を観ました。


出た感想や意見は本当に多岐に渡り、正直ここには書ききれない程です。でも、一つだけ言えることは、同じ映像を観て共有する事で確実に何かが動き出しているという事です。

また次回お会いできる皆様、楽しみにしています!
| イベントのお知らせ&レポート | 20:54 | comments(0) | - | pookmark |
戦後75年ー自由研究で使えるBFPワークショップ第2弾!
先週に続き、小学生を対象にBFPワークショップを開催しました。

今日は、オンラインで大学生によるフィリピンに関するレクチャーから始まりました。



植民地や占領など、難しい内容にも関わらず、積極的に参加する姿が印象的でした。

その後、フィリピン産のバナナやマンゴーをトッピングしたアイスクリームをおやつに食べた後、いよいよビデオ・メッセージの上映へ。



こちらも、予想以上に静かに見てくれていたように感じました。その後、感想を書いてもらうと、フィリピン人の証言がしっかりと心に届いている事もわかりました。

改善の余地は多々ありますが、一つの形として、子ども達の反応を見るよい機会になりました。

ご参加を決めてくださった親御さん達、ありがとうございました!
| BFP日々の出来事 | 22:50 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE