NPO法人ブリッジ・フォー・ピース(BFP)の公式blogです。
ここに記載される会員もしくは参加者の見方や考え方は、必ずしもBFPを代表するものではありません。
個人の自由な想いを尊重して運営しています。
Copyright(C) 2005-2015 Bridge for Peace All rights reserved.

9/2(日)BFP東京 【被爆証言から核廃絶へ】 三宅信雄さん、小谷孝子さんをお招きして

台風が近づき、お天気が心配でしたが、たくさんの方々が参加してくださり、

小谷さんと三宅さんのお話しに聴き入りました。
学校で、あるいは新聞、TVでの報道を通して、よく知っていると思い込んでいた 「原爆被害」が実は表層的なもので、本当の意味でわかってはいなかったのでは・・ という気づきと同時に体験者の肉声を通して、心を揺さぶられる体験になった ように感じました。 また、今回は被爆者団体の方々の参加もあり、良い交流の機会と なりました。


参加者の皆さまの感想を紹介しながらの報告です。

■被爆者の方から直接、お話を聞く機会はこれまで全くなかったので、 今日本当に貴重なお話を聞くことが出来て良かったです。今後聞いたお話を 考えていきたいと思います。ありがとうございました。(上田汐さん・大学生)

 

 

■まず、小谷さんとアッちゃん(腹話術人形の敦君=3歳で亡くなった弟さん)には、 すべて忘れて引き込まれてしまいました。ついで母上までを亡くされながら、 腹話術を習い、それで被爆体験を子供たちに伝えなさいという教会牧師の アドヴァイスをご自身のミッションとして語り部をなさる小谷さん。 優しく暖かく愛情がにじみ出る語り口。 心のこもる短い素直な表現で受け止めるアッちゃん。誰を非難も批判もせず、 核兵器のむごさが伝わりました。(伊吹由歌子さん)

 

 

■三宅さんは16歳で被爆されたので、お話はさらに具体的でした。世界の核兵器や 原発の状況についても話され、考えさせられるものでした。 とりわけ印象的だったのは小谷さんの、「人間はいなくなってしまうけれど、 物は残る。原爆ドームや被爆ピアノなどは残る。残った物を大切にしていって ほしい」という言葉。そして三宅さんが昨年核兵器禁止条約ができたことに 関連して言われた、「核は必要悪だと言う人がいる。でも価値観というものは 変わるもの。女性の参政権も、数十年前まではないのが当たり前だった」という 言葉でした。この言葉には本当に、はっとさせられました。 そう、価値観は変わるし、少しずつ変えていかなければいけない。そして、 その一歩は、まず知ること、聞くことなのではないかと思いました。 (高川邦子さん)

 

 

■三宅さんは、原爆を忘れたく東京で大学を出て就職、企業戦士としての30余年の人生。 その後50歳代から、語り部をはじめたこと。ピースポートの「おりづるプロジェクト、 証言の航海」で世界中を回り、被曝体験を話してきたことを話されました。 また「私たちは中国など他国の方に話す場合は、まず日本の加害から始めます」 とおっしゃったのがとても心に残りました。(伊吹由歌子さん)

 

★ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました! (斉藤由美子)

| BFP日々の出来事 | 12:12 | comments(0) | - | pookmark |
90歳の方から、戦争体験を伺いました
月曜日からBFPのインターンに来ている学生さんと、戦争体験者の取材へ行って来ました。

手作りの資料をたくさん抱え、3時間近くぶっ通しで語ってくださった90歳のOさん。10代で見てしまった豊川海軍工廠での悲劇を、少しでも記憶に残して欲しいとのこと。
「実は、語るのは今日が初めてなんです」 そう、おっしゃいました。 聞けば、お子さん二人にも機会がなく話したことがないとのこと。次世代に伝えたいと思い続け、いつか訪れる日のために作成した資料を公開してくださったのでした。
| 取材-青少年から見た戦争 | 22:24 | comments(0) | - | pookmark |
新潟県魚沼市で講演をさせて頂きました!
新潟県魚沼市教育委員会主催の講演会で、BFP代表の神直子がお話させて頂きました。 魚沼市といえば、BFP発祥の地である小千谷市のお隣!何だかとてもご縁を感じ、お招き頂きとても嬉しく光栄に思いました。 魚沼市は非核平和都市宣言をしています。市民の方々の意識も高く、みなさん映像も食い入るように見てくださっていたのがとても印象的でした。

アイスブレーキングのクイズでは、中学生が大健闘。彼らは、広島平和記念式典に同市から派遣された6名で、講演後に報告会が予定されていました。未来を担う彼らの姿がとても眩しかったです。 お招きくださった魚沼市教育委員会および関係者の皆様、ご来場くださった100名ほどの皆様、本日は誠にありがとうございました。
| イベントのお知らせ&レポート | 16:56 | comments(0) | - | pookmark |
【オープンチャーチイベント】 フィリピンから考える戦争と平和 ~ 平和への一歩は「知ること」から〜

8/4(土)の午後、文京区、護国寺にあるIPCのオープンチャーチイベントで、
90分のワークショップをさせていただきました。


連日灼熱の暑さでしたが、教会の中はなごやかな雰囲気で学生や
若い世代の皆さん50名弱が参加してくださいました。
毎年夏には平和を考えるイベントに取組んでこられたそうで、
「平和を当然のように享受している日本ですが、過去の歴史認識なしには、

アジアの国々と真の和睦をなすことができないのでは・・・」との思いから

今回の企画になったとうかがいました。



【アイスブレークでフィリピンクイズ、金子聖奈さん】


ビデオを観ていただいた後、グループに分かれてディスカッション。
参加者のほとんどがフィリピンで戦争があったことや3年半にわたる

過酷な日本統治時代があったことを知らなくて、証言映像にショック

を受けたようでした。

「戦争のリアルさ、戦争体験者の想いを聞けたのが良かった」

「知ることが本当に大きかった」中には「おじがフィリピンで戦死した」

という方や親世代の方が知らなかったことに恥ずかしさとショックを

感じておられたケースも。



【真剣な表情でグループワーク】

 

一方で、戦争における同調圧力や、戦争に反対でも(情緒的で)

あおられてしまう日本人について「自分が大切に思うものを

声に出す、正しいと思うものを強く持つこと」が必要との声も。


漫才によるオープニング、ワークショップ後には賛美歌、

ゴスペルの圧倒的な歌唱に癒されました。

また志村さんからベトナム戦争に従軍した牧師さんの体験を通して、

「敵も殺さず、自分も殺されずに一緒に経験し苦しむ」という

「戦争を知った人」の深いメッセージがあり、心打たれ考えさせ

られました。



【IPCのみなさまと】


■様々な世代がそれぞれ「知らなかったこと」に直面していることの大切さに

改めて気づきました。そうした個別のショック体験が、今日からの行動や考えを

少しづつ変えていく契機になるのではと感じました。(金子聖奈)

 

■すばらしい機会と細かい配慮をしてくださった志村さん、齋藤愛菜さん、

IPCのみなさま、ありがとうございました!(斉藤由美子)






 

| BFP日々の出来事 | 17:30 | comments(0) | - | pookmark |
7/15 歴史 NGOフォーラム と ルソン島南部ツアー報告〜歴史の記憶をめぐって〜
猛暑が続く7/15、文京シビックセンター5階の会議室で、スタッフ、学生を含めて
13人が参加してBFP東京でのワークショップが開かれました。



学生会員の金子聖奈さんからリパ・ツアーの報告
パワーポイントを使ってリパでの虐殺の史実を簡単に紹介し、
それから2016年3月の訪問で初めてパガオのバランガイキャプテンと
お会いして、2017年2月に覚書を交わして建設を具体化し、本来は
井戸のところに慰霊碑を立てるつもりだったが、
2018年2月にバランガイオフィスの外に立てることになったという変更点、
さらに2018年7月(最新)では高校の建設の土地購入+慰霊碑建設費
に当てられることになったという報告をしました。
慰霊碑建設よりも、パガオの方々にとっては高校の建設が優先事項のような
印象を受けた、ということも話しました。

また、この報告についてはお越しいただいた方から
・慰霊碑を立てるだけで、本当に歴史の継承につながるのか?
 高校に建設したとしても、形骸化しないか?
などの厳しい意見もありました。

慰霊碑を立てるということが、「戦争遺跡」(戦跡)を「作る」ということ、
そこに日本人・フィリピン人問わず、当事者の是非は問わず、たくさんの人の思いが
のせられること、小さくても歴史を自分たちで作り出そうとしているんだなという
責任感を感じました。

マニラでの歴史NGOフォーラムについては、2002年から始まった日中韓の東アジア
共通の歴史教科書等にも触れて、浅川さんから話していただいた後、
参加者との自由な交流タイムになりました。



参加者の中に美術関係の方々もいらして、お金のかからないモニュメントとして、
アイ・ウェイウェイ(中国の現代美術家)の福島での展示 "Don't follow the wind!" の
紹介、日常生活に違和感を差し込むという方法(例えばドイツの「つまづきの石」)など
”アートの力”や演劇の力を借りての「記憶の共有化」についても、大変
興味深い話が次々と出ました。



また、、マニラ戦当時のスペイン大使館襲撃事件のたった一人の
生き残りの少女(当時6歳、現在はバルセロナ在住)について研究、聞き取りを続けてきた
一橋大学の荒沢千賀子さんからは、「語り継ぐことをしているだろうか」と話されました。

参加者からの感想
・リパ慰霊碑建立の大変さ、具体的にお話しいただき、感謝します。
・少人数なので、ざっくばらんに話すのはとても良いと思います。
・様々な専門性を持った方が集う、様々な意見に触れられえる貴重な機会だと思いました。
・本当に学びの多い充実した時間でした。パガオでのモニュメントのお話しは、非常に
 考えさせられました。実際に現地でのやり取りの中で、プランが変更されていく
 プロセスは実にリアルで、本当に大変かと想像します。
・毎年12月にマレーシア/シンガポールから現地の戦争体験者を読んで横浜で
 証言集会を開いているのですが、体験者の年齢が上がってなかなか日本まで
 来られる人を探せなくなってきました。こうした状況にどう対応しているかに
 ついて、ブリッジ・フォー・ピースの経験トノウハウを知りたいです。

ご参加ありがとうございました!

(斉藤由美子)



 


| BFP日々の出来事 | 11:40 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
RECOMMEND
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 (JUGEMレビュー »)

BFPとしても2章書かせて頂いています。ご覧頂けると嬉しいです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE